書心忘るべからず〜夢のあとさき

つなぐ伝統展2017 

先日、告知をさせて頂いていた「つなぐ伝統展」
無事に開催が終わりました。

今回の会場は池袋の東京藝術劇場。
ちょうど一年前に所属の会の作品展が行なわれた場所です。
一年、早いですねぇ…(´ω`)
懐かしい想いを馳せながら、私も2日目に見て参りました♪

西陣織の掛軸は、制作上の関係ですでに出来上がっている掛軸に
一発書きでしたためたもの。
本来は、書いた作品を軸にしていただく、という順序なので
一発書きというのはあり得ない事なのですが…^^;

何枚も原稿を作りましたが、実際に書き上げるのは一度きりなので
極度の緊張感の中、とてもいい勉強にもなりました。


絵屏風の


今日を如何に



もう一つの会津漆器は、書いたものを一度データ化して
それを再度職人さんに焼き付けて頂く、という手間がかかっています。
絵付けは全て手書きなんですよ!
素晴らしい出来映えのものでした。
そんな職人さんの技術と書をコラボさせて頂けて、とっても光栄です(*'-'*)

俳人さんの詠んだ句を私なりに消化して、
書になるべく作者の方の想いが反映出来るように、
そんな事を一番に考えながら書かせていただきました。


花器全体


花器みずみずし


花器友好の


花器もはや手の

ご来場頂いた皆様、ありがとうございました♪

全ての作品の写真はHPにてご紹介しておりますので
ご興味のある方はそちらもご覧になってみてくださいね(*´∀`)

category: 作品展

Posted on 2017/07/18 Tue. 22:34 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

つなぐ伝統展のお知らせ 

つなぐ伝統展


久しぶりの更新です^^;
今回はお知らせです〜。

今週末、池袋・東京芸術劇場にて、「つなぐ伝統展」が開催されます。
日本全国の優秀な作家が創作し応募された、俳句や短歌などの詩歌作品を
江戸硝子や西陣織の掛軸、会津漆器などの伝統品に書道家が揮毫した作品が並びます。
翔麗は会津漆器と西陣織掛軸の一部を揮毫させていただきました。
伝統工芸職人さんの技と、書と、俳人さんの素敵な句のコラボレーション。
二日間と短い期間ですが、是非ご高覧ください〜!^^


日時:2017年7月8(土)・9日(日)10:00〜17:00
会場:池袋・東京芸術劇場
主催:あゆむ家
入場料:無料

category: 作品展

Posted on 2017/07/05 Wed. 18:17 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

本日のうらら書道教室 

またまたすっかりご無沙汰しております…(笑)
気がつけばもう5月に入って半分過ぎてしまいました。

今日のうらら書道教室では、体験希望の申込みがありました。
ありがとうございます^^
他の生徒さんと共に実際にレッスンを体験して頂きましたよ〜。


IMG_1881.jpg


ご近所に住んでらっしゃるというAさん。
子供の頃にちょっとだけお習字を習っていた事があったそうなのですが
嫌で嫌ですぐにやめてしまったとのこと。
少しご自身の時間が出来たので、もう一度やってみたいと思ってくださったそうです。

子供の頃にやっていて、嫌でやめてしまった、というのは
よく耳にする話なのですが
それだけ子供の頃って色々うるさく言われるからなのでしょうね〜^^;
学校の書写教育などとの兼ね合いもあるので、
ある程度仕方のない事ではあるのですが…

でも、また時間が経ってやってみたい、と思って頂けるのは
とても嬉しいことであります✨


何十年ぶりかに筆を持つ、とおっしゃっていたAさん。
とても緊張されてらっしゃるご様子。
初めは皆さんそうなのですよね。

今日は体験なので、ご自身のお名前を自由に書いていただきました。
その後で美しく書くためのワンポイントアドバイスをしつつ
お手本を書いて差し上げました。


…すると…
お手本があると途端に字が変わるのですね。
いかに自分の感覚だけで書く事が難しいのか、がわかります。
文字には美しいバランスだったり、多少の決まり事のようなものがあります。
そのポイントがわかっているだけで大分違うのですが
普段はそこまで考えずに字を書いているのだと思うんです。

そんな、書の入口を少しだけ覗いて頂いて、
あっという間の2時間。
来月から一緒に学んで頂ける事になりました♪^^ウレシ✨

昔嫌でやめてしまったというお習字の世界、
大人の書道の世界はまた違った魅力があります。
それをお伝えするお手伝いが少しでも出来ればいいなと思っております^^


さて、他の生徒さんは…

開塾当初からやって頂いている生徒さんには、
今月からいよいよ九成宮の臨書に入っていただいています。
元々全くの初心者の方でしたので、ゆっくりのペースで無理のないように、と
これまで習字的なものをベースに書いて頂いてましたが
やはり大人の書道の基本は臨書、ですので
ここからが本当の楽しみ、というところでしょうか^^*


IMG_1884.jpg


IMG_1883.jpg


でも、みなさんこれまでしっかりゆっくり基本的な事をやってきたので
いきなり臨書に入っても問題なく書いてらっしゃいます。
これからが楽しみです〜^^



IMG_1882.jpg


まだ初めて間もない生徒さんには引き続き基本の練習。
次回は4文字、頑張って書きましょうね^^



新しいお仲間も増えて、また賑やかになりそうなうらら書道教室です^^
今日も楽しい時間をありがとうございました〜✨



category: うらら書道教室

Posted on 2017/05/16 Tue. 02:51 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

春雷 

すっかりご無沙汰してしまいました。
もう4月ですね…あっという間です^^;
桜もちらほら咲いているというのに、何だか肌寒いですね…
生徒さんでもお一人、風邪でダウン!のお知らせが…
こういう時は体調など崩しがちですので
気を付けましょうね〜。


今日は4月最初のうらら書道教室でした。


IMG_0158.jpg



IMG_0157.jpg



IMG_0156.jpg


月一回コースのKさんは引き続き写経のレッスンです。
…が、しかし!早くも写経のお堅い感じに飽きて来たご様子(笑)

石の上にも3年…と言いますよ〜(笑)
でも、写経は確かにずっとやっていると慣れないうちはとても疲れると思います^^;
他の事も少しずつ取り入れながら、少しずつでも継続してやっていただければと思います^^
やはり継続なくしての進歩はあり得ませんので!(笑)


開塾当初からレッスンいただいているYさんとRさんは行書の練習です。
もう開塾から10ヶ月。早いですよね…^^;
一番始めの頃に比べたら、お二人とも筆に慣れてきたせいか
線の感じが変わって来ました✨


その日によって、筆が進むこともあれば集中力が続かないこともあったり
まだ多少ばらつきはありますが、
今日書いてらっしゃるお二人を見ていて
やっぱりちょっとずつでも続けることが大事だとつくづく思いました。
なかなか家では練習出来ず、このレッスンに来て書くだけという事が多いですが
それでも、やるとやらないとでは大違い。
細々でも続けていって欲しいです^^*


このお二人は、書以外に俳句をやってらっしゃる共通点のあるお二人。
いつも俳句の話に花が咲きます^^

今日はお話の途中で雷がゴロゴロ…突然の雷雨。
とっさに上の句「春雷や…」とつぶやいたYさん。
その下を考えて繋げるRさん。
…そんな一コマもありました^^


俳句、実は私の母も生前ちょこっとやっていたのですが
私は全くのシロウト^^;
言葉の美しさや、表現の奥深さを操るお二人には感心するばかりです。


…そんなこんなで今日も楽しくレッスン終了!
ありがとうございました〜^^


IMG_0159.jpg






category: うらら書道教室

Posted on 2017/04/03 Mon. 20:07 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

サイン 

IMG_0790.jpg

ここのところ、確定申告に追われていた翔麗です^^;
ようやく手続きが終わってホッとしています。

不思議なもので、そういうバタバタしている時に限って
色々な事が重なります。
…これって本当に不思議なのだけれど。

でも、大抵はとてもいい事でしたので
気持ちはとても軽〜い感じ、です^^*


この数ヶ月、様々な事を考える日々が続いていました。
書の事でも とても迷いや葛藤があったり
考えても仕方のないこと、とわかっていても
いつも頭にその事がある…そんな感じで


けれど、これまた不思議な事なのですが
そういう時って、色んなところで気付きのサインがあったりします。


全く関係のない所で見かけた一つの言葉だったり
関係のない人がつぶやいていたひと言だったり


そんな言葉のサインがあって
ふっっと急に呪縛から解き放たれたように気持ちが軽くなる。


私にかけられた言葉ではないのに
まるで私の今を知っているかのように的を得た言葉のかけらたち


…そんな事が一度ならず何度か続いて
ずっとモヤモヤの迷路に入り込んでいた私の世界に
明るい光が差し込みました。


ふっと腑に落ちてしまえば、まるでこれまでが嘘だったかのように
色んな事に納得がいき、そして前向きに捉える事が出来るようになる


物事を複雑にしているのは、いつも自分自身


思慮深くはありたい、と思うけれど
もっとシンプルに 生きたい、と思う。


あるがままに




臨鮮于璜碑

category: くらし

Posted on 2017/03/02 Thu. 22:33 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0