書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

いまあるものを大切に 



新年あけました、ね^^;
こちらでは遅くなりました。おめでとうございますm(_ _)m(笑)
今年も皆様にとって素晴らしい一年となりますように…
そして今年もどうぞよろしくお願い致します。


年末年始、私は波乱含みの幕開けでした。
何とは申しませんが
色々あります、生きていると…^^;
ちょっと長くなりますが今年初めてのブログはそんなお話をしたいなと。


人はどうしても色んなものに意識を持っていかれます。
良い事ばかりならいいですが
そうじゃない時も結構あったり
目の前の事に囚われ過ぎて


普段は物事の本質を大事にするよう心掛けているつもりです。
この世界は色んな事が見せかけだったり、
別の事に目が誤摩化されたりする事が多いです。
感情やプライド、と言ったものが
色んな形で邪魔をする。


この年末、私も例に漏れずだったのですが…
今年に入ってから、主人と他愛もない話をしていた時のこと


義母やお互いの年令の話になりました。
私と主人は私がちょっとだけ遅いだけの同い年。
もちろんわかっていはいたけれど
お互いの年を改めて認識したとき、ギョエ!となりました(笑)


もう、人生の折り返し地点はとっくに過ぎている。
私で言えば母が亡くなった年令まであと30年ちょっとしかない。
30年って、そんなに長くない、よね?と^^;
ここ数年はもう自分にはあまり時間がない、時間がないと
思ってきたつもりでしたが(特に書に於いては)
改めてハタと気づいたのでした。


プライドや感情で色んなものを見失っている場合ではないということを


自分にとっての大切なもの、大事なこと
それはどんな形であれ守っていかなければならないのだということ
変な自分の意地や頑固さで
出逢えるはずのもの、或いは自分の為になるはずのことを
逃している場合ではないのだということを


自分を変える、というのは年々難しくなるし
変わるということが、まるで今までの自分を否定しているような
そんな気分になったりすることもあるかもしれない


でもそれは全く違うと最近は思う。


認める事が出来ると、全てが変わってくる。
その昔、鏡の法則、なんて本が流行った事があったけれど(今もなのかな?)
周りで起こっている事は全て自分を映す鏡。
自分が変われば周りも変わる、とそんな話だったと思う。
最近になって、またそんな話を思い出しました。


人の感情は厄介だけど
素直になれれば楽になれますよね。
自分を楽に解き放ってあげられるのは自分しかいないから


そんなんで、少しだけとげとげしていた自分の気持ちを
少しだけ解き放ってあげました。
それがどんな結果になるかはもう私の知る所ではないけれど


今自分のまわりにある全てのもの、全ての人達、は全てが一期一会。
けっして当たり前ではないもので、そしてかけがえのないもの。
それを大事にしなかったら絶対に後悔する。


…と、そんな事を思ったのが私の新年の始まり、でした。


気づきは宝。気づいたらトコトンそれを守っていこう。
今年も一期一会を大切に出来る年でありたい、と思う。

スポンサーサイト

category: 想い…書に込めて

Posted on 2017/01/03 Tue. 01:24 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

今年の一字 2016 

0000.jpg


こちらでは久々になってしまいました。
連日早送りのように過ぎていく毎日…


年末は、キライです^^;(笑)


クリスマス、ですね。
うちはほとんど関係ありませんけれど
一応チキンとケーキくらいは食べました(笑)


クリスマスが過ぎると年越しまで加速度が上がる気がします。
やり残したことを、今年中にやっておかないと…


毎年恒例の清水寺での今年の一字、も発表になりましたね。
今年は3回目の「金」。ちと微妙ではありますが(笑)


私もこの時期、自分の一年を振り返る事にしています。



私の今年の一字は…「然」です。
毎年、たくさんの出逢いがあるのですが
今年は私にとって、本当に人生を変えるような出逢いが重なりました。
でも、それは偶然ではなく「必然」だって思うんです。


今の私に、必要であった出逢い。
今でなくてはならなかった出逢い、とも言えるかもしれません。


私にとって、大きな、大きな、とっても大きな事でした。


自分の人生の中で、出逢える人なんてほんの一握り。
その中でも影響を受けたり、色々な教えを受けられる方に出逢えるのも
ごくごく僅か、だと思うのです。


私は、今までもそういう出逢い、多い方だったと思います。
周りの方に恵まれている。いつもそう思う。


日々色々な事があるけれど。
日々悩ましい事もたくさんあるけれど。


全てが必然。起こるべくして起こっていること。
全てに理由があるのだと。


そう思えば大抵のこと、乗り越えられるって気がします。




*********



もしかしたら、ブログの方は今年最後になるかもしれません^^;
すっかり最近ペースが落ちてしまっていますが…
来年はこちらの方も、もう少し頑張って更新していけたら、と思ってはいます!(…毎年言ってる気が笑)


少し早いですが…
ちらっとでもこちらに遊びに来てくださった全ての皆様に
心から感謝申し上げます。
メリークリスマス!そして佳いお年をお迎えくださいね。


来年もどうぞよろしくお願い致します!




category: 想い…書に込めて

Posted on 2016/12/25 Sun. 00:48 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

あじさいの咲く道 




今日は夕方から少し時間が出来たので
久しぶりにお散歩がてら、夕飯の買物へ、歩きで出掛ける。


いつもは時間に追われて足早に目的地へと急ぎ
目当てのものを買い求めて引き返す…そんな事が多いのだけど


足の運びもゆっくりと、空気を大きくすうっとすいこんで
空を見上げながら、周りの景色を確認しながら、しっかりと大地を踏みしめる。
そんな時間はとっても私にやさしくて
そして同じ時間でもゆっくりと動いているように思えた。


IMG_5360.jpg



母がまだ生きていたころ、よく一緒に歩いた道。
母の身体のために、リハビリで歩いていたようなものだったけれど
さらにゆっくりと、母の歩幅に合わせて歩いた時のことを想い出す。
空気を吸い込めば、あの時の匂いがする。
風の音も、木が揺れてカサカサとなる音も、あの時と同じだ。



きゅん、と胸がちょっとだけ傷む。思い出は時に哀しい。


IMG_5367.jpg

ふと見ると、もう紫陽花が咲いていた。ちょっと早くないかい?(笑)
…でも、もうすぐ5月も終わるんだ。
そしてまた長い梅雨がやってくる。



不思議と紫陽花はお天気が似合わない花。
雨はキライだけれど、今日だけは
雨の気配がなくてちょっと紫陽花が気の毒に思えた。



夏もなほ 心はつきぬあぢさゐの よひらの露に 月もすみけり  藤原俊成


category: 想い…書に込めて

Posted on 2016/05/29 Sun. 21:42 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

ゆらゆら 



ゆらゆらうごく 睡蓮の思い 沈みて咲くように

デザイン書作品。
誰の詩か忘れました^^;汗


category: 想い…書に込めて

Posted on 2016/01/29 Fri. 14:06 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

前へ! 

書 色紙 前


駆け足で過ぎてしまったお正月^^;
もう半月経ってしまいました…ホント早い(*゚Д゚)

今年は年始からワークショップなどのお仕事が入り
バタバタと始まってしまいましたが、
こんなんじゃあ〜ダメですねぇ。
これじゃあ今年もあっっっっっっっっっっという間に過ぎてしまいそう。

一つ一つ丁寧に、じっくりと、
そして一歩一歩確実に歩いていかないと。


去年は私にとってとても変化のあった一年でした。
環境の面でも、気持ちの面でも。
それでも、まだ自分の中ではやりたいことも、目標も、夢も
半分もこなせなかったな〜という印象。

バタバタとしていることが多くて
目の前にあるものをやっていく事に精一杯でした^^;


今年は自分で考えて、自分で決めたことを確実にこなす、
そんな事が一つでも多く増えたらいいなと思う。


年初めのお稽古では、大人クラスのみなさんに
今年の抱負を色紙に書いていただく授業がありました。
毎年第一回目のお稽古は、そんないつもと違った事をやります^^


私は今は講師としてその場にいるので、私自身は色紙に書く事はしませんでしたが
一枚色紙をいただいたので、自宅に帰ってからしたためました。


年始のワークショップ見本用に書いたのは
今年もご縁を大切にしたいと「縁」という文字を書きましたが
同じではつまらないので(笑)もう一字。


今年も前に進む、一歩でも半歩でも1センチでも。
そんな想いを込めて直球で「前」の一字にしました(笑)


時には後ろを振り返る事は大切なこと。
でも振り返る事はあっても後戻りはしない。
進むのは前のみ。
結局のところ…前にしか進めないんだけれど(笑)



今年は更に「前」向きに、一年駆け抜けるのではなく
じっくり歩きながら「前」に進んで行きたいと思います〜^^



category: 想い…書に込めて

Posted on 2016/01/18 Mon. 18:17 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。