書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

作品展を終え 

IMG_3181.jpg


3月6日から開催されました「翔麗と可笑しな仲間たち展」
無事に終了致しました。
小さな小さな作品展ながら、たくさんの方に来て頂いて
とってもとってもありがたかったです。
この場をお借りして、お出でいただいた皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました。


半年前に急に決まったこの作品展。
私自身はお手伝いでは何度も作品展を経験しておりますが、
自分が主導でやるのは初めてのことだったので
不安な事もたくさんありました。
でも、生徒さんや周りの方のご協力のもと、
何とか大きな失敗もなく終える事が出来ました。

終わってしまうとちょっと寂しくなるね〜、なんて
生徒さんとも話をしていたのですが
そう思ってもらえたら私もやった甲斐があったなぁと思います^^
大変だからもう二度とやりたくない!なんて言われたら寂しいですものね〜(笑)


私個人としては、今度は私自身の個展開催の夢をいつか叶えたい。と
そんな次の欲ももこもこと出て来たりしています(笑)
夢ではなく、現実に。必ずやりたい^^


やっぱり、何かに向かって頑張ることって素晴らしいです^^
それが小さな事であっても、大きな事であっても。
一人で頑張るのもいいですが、誰かと一緒に同じ方向を向いて頑張れたなら
もっともっとチカラが生まれる。
普段はないチカラが出たりもする。
結局一人で出来る事などタカが知れています。
そんな事を感じたこの作品展でした^^


全てのご縁と巡り合わせに感謝✨✨


私の作品、少しだけご紹介です^^

IMG_5922.jpg

▲「禅 Zen」
今回の生徒さんの作品テーマは禅語。それにちなんでこの作品を。嫁ぎ先が決まりました^^





IMG_3118_2.jpg

▲「雪月花」
白居易詩 寄殷協律 雪月花の時 最も君を憶う より引用
今回の作品の中で唯一、下地、パネル貼りから連結まで全てを手作業で制作した作品。





IMG_5921.jpg

▲「和心」
和らいだ穏やかなこころ。日本人の根底にある、日本古来の精神。
篆書作品が書きたくなって挑戦の一枚。こちらも嫁ぎ先が決まりました^^



その他、生徒さんの作品など詳細はこちらHPでもご覧頂けます。

さて、また次の道に向けて歩き出しますか!
道は永遠続きます^^

スポンサーサイト

category: 作品展

Posted on 2018/03/13 Tue. 05:49 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

最後のアガキ 

IMG_5822.jpg


暖かい一日となりました。
今日はひなまつり、だったんですね。

そんな年中行事からもかけ離れた一日を送っておりました。
来週開催の可笑しな仲間たち展、今更ながら最後の作品作りの悪あがきを^^;笑

仕事は山積み。
確定申告も終わってない、
課題の締め切りもイロイロあったり、、
こんな時なのに、わざわざ手間のかかる事を始める悪いクセ^^;
急にね、作りたくなっちゃったんです、もう一点。

そんな思いが湧いて来ると作らずにはいられない。
まあ、いっか、ってやめておけばいいのに(´ω`;)ヤレヤレ






でも、普段毎日鍛錬のために書いているようなものとは違い、
飾るための作品作り、って半分図画工作にも似た要素があったりして笑
額やさんに頼んでしまえば、作品書いて終わりなんですけれど
最後の一つは全て自分で、と思い立って創り始めました。


手間はかかるけれど、愛着もわく。


作品全ては無理だけれど、そんな一手間かけたものを
何か一つくらいは作りたいな〜っていうのが理想のカタチ。
小さい作品でもいいから。手作りのものを。


そんなんで、自分の首は思いっきり締めておりますが^^;
とりあえず、思ったようなカタチでは仕上がったので良しとしときます(笑)
また明日見たら「ん〜〜〜」ってなっちゃうかもしれませんが^^;あは
作品作りは、そんな事の繰り返し、ですね^^;



※写真上は臨雁塔聖教序。
 大昔に散々書いた懐かしい楷書。
 最近また書かなければならない必要性が出てきました。
 巡り合わせは、常に突然。けれど、必然。



category: 作品展

Posted on 2018/03/04 Sun. 00:09 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

「翔麗と可笑しな仲間たち展」のお知らせ 

作品展


お知らせです!
3月に原宿で小さな作品展やることになりました。

毎月一度出張でレッスンをしている
会社内のグループ内での作品展。
代表のおじさまが無謀にも作品展やろう!と
言い出したのが始まり(笑)

レッスンは月に一度。
家に持って帰ってやるような方たちじゃないし(笑)
あれこれ煩く指導されるのもキライなご様子^^;
どちらかと言えばレッスンというより自由に書いていたい方たちの集まりではありますが
でも、筆を持つ事はお好きなようで、毎回愉しむことは忘れない方たちです。
私も、そんなみなさんのレッスンを毎月楽しみにしているのですが^^


本当にやるんですか?と3回は聞いたと思う😅笑笑
やるなら本当にやる気になってもらわないと、そう簡単に出来るものではありません、と
それが去年のいつの話だったか(笑)
結果、やることになったんです(笑)


どうなることやら、作品仕上がるのか💦と思ったけれど、
最後の最後、追い込まれてから皆さん頑張りました(笑)
やる時はやる、方たちなのです^^


生徒さんは6人だけ。
みなさんお忙しい方々で、何点も書けるような状況じゃないし、
だから作品数もごく僅かだけれど、レッスンやって三ヶ月、
なんて人もいるわりには頑張ったと思います(笑)
小さなスペースでのそんな展示となりますが
もし近くを通るよ〜なんて方がいらしたら
是非頑張った生徒さんの作品、見にいらしてください✨
私の作品も少しですが展示致します^^



「翔麗と可笑しな仲間たち展」
2018年3月6日(火)〜10日(土)
11:00〜19:00(最終日は17時まで)
CLUB PETU 渋谷区神宮前1-15-2 B1
■JR原宿駅 竹下口より3分
■東京メトロ 千代田線・副都心線 明治神宮前駅 3番出口より3分
青い屋根の入口が目印です✨
私は今のところ、木金以外は会場に行くつもりでおります(時間未定)


clubpetu.jpg
↑青い屋根が目印です✨

category: 作品展

Posted on 2018/02/14 Wed. 15:57 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

がんばっているあなたへ伝えたい言葉展 

熊本A4チラシfb

大変ご無沙汰しております。
生きてます。翔麗です(笑)

バッタバタの毎日で気がつけばもう年末になっていました^^;
この時期はキライです…いつも追い立てられているようで

それでも日々は過ぎていきます…地に足をつけて頑張らないと!


久しぶりの更新は、作品展のご案内です。
私の所属している会のひとつ、日本デザイン書道作家協会が主催する
「がんばっているあなたへ伝えたい言葉展」熊本展が今日から開催されています。
新年2日まで、会場は熊本の鶴屋百貨店8F ふれあいギャラリーです。
残念ながら私は在廊しませんが、お近くの方は是非見に行ってみてくださいね!


デザイン書道作家35名による、ハガキサイズの作品が約70点並びます。
熊本の震災でまだまだ大変な思いをされてらっしゃる方、たくさんいらっしゃると思います。
そんな方々にエールを送ります。

私も実は兄が熊本に住んでおりまして、割と震源地にも近かったので
震災の時には本当に心配しました。
今年、熊本へ久しぶりに遊びに行ったのですが
まだまだ爪痕がたくさん残っているのも目の当たりにしてきました。
特に立派だった熊本城の変わり果てた姿…ショックでした;;


エールを送る、なんて簡単に言うべきではないのかもしれませんが
筆文字で、紙に書く事で伝わる想いもあるのでは…
そんな風に思って私も参加させて頂く事にしました。

少しでも、どなたかの心に響いてくれたらいいな、と思います^^


【がんばっているあなたへ伝えたい言葉展 熊本展】
期間:2017年12月27日〜2018年1月2日まで
会場:熊本 鶴屋百貨店東館 8F ふれあいギャラリー

category: 作品展

Posted on 2017/12/27 Wed. 10:14 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

つなぐ伝統展2017 

先日、告知をさせて頂いていた「つなぐ伝統展」
無事に開催が終わりました。

今回の会場は池袋の東京藝術劇場。
ちょうど一年前に所属の会の作品展が行なわれた場所です。
一年、早いですねぇ…(´ω`)
懐かしい想いを馳せながら、私も2日目に見て参りました♪

西陣織の掛軸は、制作上の関係ですでに出来上がっている掛軸に
一発書きでしたためたもの。
本来は、書いた作品を軸にしていただく、という順序なので
一発書きというのはあり得ない事なのですが…^^;

何枚も原稿を作りましたが、実際に書き上げるのは一度きりなので
極度の緊張感の中、とてもいい勉強にもなりました。


絵屏風の


今日を如何に



もう一つの会津漆器は、書いたものを一度データ化して
それを再度職人さんに焼き付けて頂く、という手間がかかっています。
絵付けは全て手書きなんですよ!
素晴らしい出来映えのものでした。
そんな職人さんの技術と書をコラボさせて頂けて、とっても光栄です(*'-'*)

俳人さんの詠んだ句を私なりに消化して、
書になるべく作者の方の想いが反映出来るように、
そんな事を一番に考えながら書かせていただきました。


花器全体


花器みずみずし


花器友好の


花器もはや手の

ご来場頂いた皆様、ありがとうございました♪

全ての作品の写真はHPにてご紹介しておりますので
ご興味のある方はそちらもご覧になってみてくださいね(*´∀`)

category: 作品展

Posted on 2017/07/18 Tue. 22:34 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。