書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

がんばっているあなたへ伝えたい言葉 

201506_ranshomajiri.jpg


湿度の高い季節になりました…梅雨、ですね。
ジメジメは苦手…(+_+)でも、紫陽花の美しさに心癒されています^^
この季節に本当に似合う花ですよね…雨が似合う。


さて、6月は怒濤の一ヶ月…まだ半分過ぎたトコですが^^;
色々詰め込み過ぎ?なのか、嬉しい悲鳴なのか、とにかく時間がありません(>_<)
相方さんにも迷惑をかけっぱなしなんですが…
「こうなるだろうととっくに予想していた」と、涼しい顔で言われまして(笑)
彼の方も色々と仕事が大変になっていて、お互いにとってもクタクタの日々なんですが^^;
とにかく今の状況を理解してくれて、協力してくれていることに感謝の気持ちしかありません(>_<)
家のこと、ほったらかし状態でごめんよ(ノД`ll)

色んなきっかけやチャンスをくださる方たちと
そしてそれを支えてくれる人と
やっぱり人は、周りがいてくれてのものなんだと思い知らされる。
だからやっぱり頑張れるんだし、頑張らなくてはいけないとも思う。
一人で頑張るなんてつまらない。誰かがいてくれるから価値が生まれる。


6月の締め切りの一つに、7月に銀座で行なわれる作品展があります。
只今期限に迫られて製作中(笑)
今日はこちらのお知らせ。

私が所属している一つであるJDCA日本デザイン書道作家協会というところ主催のもので
題して「がんばっているあなたに伝えたい言葉展」。
これは東北の震災後に毎年行なっている復興応援事業の一つ。
銀座を皮切りに、福島、宮城などを回ります。

作品展と言っても、ポストカードくらいのサイズの小作品で、
とてもわかりやすい内容になっていると思います。
私は今回初めての参加ですが、少しでも復興応援の一つになれれば嬉しいと思います^^
期間中、11日(土)11時〜16時まで会場にいる予定です。
お近くにお越しの際は是非おたちよりくださいね^^

※写真は関係ないですが今月の課題より^^;



【以下、協会HPより引用】

震災から4年以上が経過しましたが、復興に向けてはまだ長い道のりが続いています。
困難な状況に寄り添う取り組みが必要だと考えています。
東日本大震災の復興応援事業として、東京を皮切りに福島県の郡山市、南相馬市、宮城県内を巡回し、
全国の協会員が被災地に向けて文字のエールを贈ります。

■主催
一般社団法人 日本デザイン書道作家協会

■会期
●東京・銀座展=タチカワブラインド銀座スペース「オッテ」
2015年7月1日(水)〜12日(日)
午前11時〜午後6時(月曜日は休館・最終日は午後3時閉場)
(東京都中央区銀座8-8-15タチカワブラインド銀座ショールーム 地下1F) 

●福島・郡山展=郡山ビックアイ市民ふれあいプラザ展示室
2015年8月13日(木)〜16日(日)
午前10時〜午後7時(最終日は午後3時閉場)
(福島県郡山市駅前2-11-1郡山ビッグアイ)

●福島・南相馬展=南相馬市民文化会館(ゆめはっと)ギャラリー
2015年12月4日(金)〜7日(月)
午前10時〜午後6時(最終日は午後3時閉場)
(福島県南相馬市原町区本町2-28-1)

●宮城・仙台展=復興支援拠点・ニコンプラザ仙台
2016年1月19日(火)~2月1日(月)
午前9時30分〜午後6時(最終日は午後3時閉場)
(宮城県仙台市青葉区中央1丁目3番1号AER(アエル)ビル)

■後援(予定)
郡山市 南相馬市 福島民報社 福島民友社 (株)あかしや(株)墨運堂 (株)ならや本舗 (株)天来書院 他


スポンサーサイト

category: 作品展

Posted on 2015/06/14 Sun. 23:18 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

サムライ魂 

suimou2.jpg
suimou3.jpg



2月に開催された、イタリアトリノでの展示会、
「サムライと書道展」に出品した写真が届きました^^
ホテル内の回廊のような一画で展示して頂けたみたいです。
美術館や普段作品展をやるような会場とはまた違った形なので何だか新鮮♪
現地には行けませんでしたが、こうやって飾って頂いた写真をみて感激です( ;∀;)

今回書いたのは「吹毛常磨」(すいもう、つねにます)という禅語。
展示のタイトルが「サムライと書道展」だったので
武士道にちなんだ言葉がないかと探しました。


煩悩も迷いも何でも切れる吹毛剣。
その素晴らしい剣も、手入れを怠れば、切れ味が鈍ってしまいます。
これは私達の技術力や精神力なども同じこと。
常に磨き掛けていないと、すぐに錆ついてしまいます。
感情を常に研ぎ澄まし、剣を錆つかせないように心がけましょう…そんな意味があります。

「吹毛剣」とは、刃の上に鳥の羽を吹き落とすと、スパッと切れてしまうほど切れ味の鋭い剣の事。
妄想や煩悩を立ち切る、賢人の優れた精神力を現します。
私達の心は脆く、つい楽な方へと流されてしまいがち。
一旦これで完璧だと思ってしまったら、そこから堕落が始まるもの。
生きている限り、物事の到着点はないってことですね^^;
迷いを生み出す、あらゆる妄想も執着も切り捨てていって、切るものがなくなった時…
この剣が必要でなくなる時が、精神的な最終の境地?ということでしょうか。

時代が移り変わっても、昔から脈々と流れる日本人のこころ、
サムライ魂みたいなもの…今の私達にもどこかに受け継がれているって思うのです。
小さな日常の当たり前の事一つをとっても、
日本人だからこそ、というものがきっとたくさんある。
それはとても誇らしくて、素晴らしいものだと感じます。

この「サムライと書道展」を通して
そんな日本のこころ、サムライ魂みたいなものが
少しでもイタリアの方々に伝わってくれていたらいいな〜^^

この機会を頂けたこと、色々な形でお世話になった方々に感謝の気持ちでいっぱいです(*'-'*)

category: 作品展

Posted on 2014/03/09 Sun. 12:15 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。