書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

足りないもの探し 

kyosho_kai1402.jpgkyosho_sosaku1402.jpgkyosho_majiri1402.jpg

終わってしまいましたね、ソチオリンピック!
LIVEがほとんど夜中だったので、所々しかちゃんと見る事は出来ませんでしたが
今回も、色々なドラマがありましたね。

期待されながらも結果を残せず涙した選手。
7回目にしてメダルを手にした選手。
スキー板が折れても、最後まで走り抜けようとした外国の選手。
そっと替えの板を差し出してあげたライバル国のコーチ。

オリンピックを見て毎回思うのは、選手一人一人、関係者一人一人に
それぞれのストーリーがあること。
レース後に明らかにされる事もたくさんあったりして
まるで色々な人の人生の物語を、深く見せてもらっているよう。
勝敗なんかよりも、それはずっと大きくて、ずっと人の心を打つものだって思う。
勇気をもらっただとか、感動しただとか、って
言葉にしてしまえばそういう事になるのだけれど、
私は何だかそんな簡単な言葉では表現したくないって気がしてしまう。
言葉ではなく、心で感じていたい、と。

ある選手が、オリンピックまでの期間は
自分の足りないもの探しの日々だったと言っていたのが印象的だった。
メダルに届かないのは、自分に足りないものがあるからなのだと。
そしてまた別の選手は、この大会を通して
自分の足りないものがわかったと話していた。

「足りないを知る」

結局のところ、どんな競技でも
闘っているのは自分自身となんだと思う。
自分の弱さや足りないところを、どれだけ探して補う事ができるのか。
足りないを知るって事は、とっても大きなこと。


私自身も今年に入ってから新しい挑戦が始まって
自分に足りないものの多さに呆然とする日々^^;
補うのに近道なんてないから、
ただコツコツと日々できる事をやっていくだけ。
そこから差し込む僅かな光を頼りに
その光が少しずつでも明るくなっていってくれたらいいなと思う。

足りないもの探しの旅は、きっと永遠に続いてゆく。

※写真は今月の課題より


スポンサーサイト

category: 教室課題

Posted on 2014/02/24 Mon. 23:49 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

Dream 



今年は雪が多い年になるのでしょうか、またまた積もりましたね〜^^;
辺り一面が白い世界になることに、少しばかりワクワクしたりする自分もいますが
何度も…となるとやっぱりちょっとね^^;
色々な事に影響が出て、雪の少ない地域の私達はそのたびに大騒ぎです。
雪国の方からみたら「何を言っとる!」という感じでしょうね〜(笑)

私個人的には、雪のお陰で予定していた事が中止になったりして
何だか少しお休みをもらったような、得した気分^^
今週はず〜っと休みなしに忙しい一週間だったので、
この予想外のお休みはありがたかった〜。

今週はイベント盛りだくさんでした。
その中でも、お教室の生徒さんを集めた記念パーティーが一大イベント^^;
先生のお祝いなので、感謝の意味も込めて
なるべく協力出来ることはやろうと年末から準備に動いてきました。
やっと今週行われたのですが…それが前回の大雪の次の日の開催だったので、もうドキドキ^^;
みんなが来れなかったらどうしよう〜とか、自分も行けるのか?とか(笑)
これまでの準備が水の泡になってしまうのではとハラハラしましたが、
当日は朝から晴れ間も見えて、何とかキャンセルも一人だけで開催するに至りました^^;

パーティーの中で、今回師範になった私達の看板と認定証の賞状授与式を
先生からのサプライズでやっていただきました。
ずっと待っていた看板がやっと!手元に届きました〜。

kanban.jpg

とてもしっかりした、重みのある看板^^;
私は自宅で教室を開ける環境ではないので、今は無理ですけれど
いつかどこかで自分の教室とアトリエを持つのが夢、です^^
そこにこの看板を飾れる日を夢見て、それを目標にまた一歩ずつ頑張りたい。
ゆっくりでもいい、自分の足で、自分の速度で、一つずつ前に進みたい。
そのためにはやらなければいけない事が山ほどあります。
それを最近日々感じているこの頃。

夢をあきらめない。これからもずっと。

※上の写真はパーティーで展示した作品。「自灯明」です^^




category: 書教室

Posted on 2014/02/15 Sat. 13:03 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

経験値 



以前に少しお話しましたが
昨年末から今度は義父が入院してしまって
あまり経過も思わしくなく…
毎週お見舞いに通っています。

ここ数年ずっと自分の両親のために病院通いをして
様々な決断を強いられて…そのストレスたるや半端ないものがありました。
一つの疑問を片っ端から調べて情報を集め、いろんなデータを頭に入れることから始まって
そこから考えられる選択肢を並べて、どれが一番なのかを考える。
そこには倫理上の問題なんかも含まれる。
賛否両論あるような、そして答えや正解などないようなこと。
ただ生きていることを選ぶのか、尊厳を選ぶのか。
そんなことをいったい誰が決められるというのだろう。
でも、決めなければいけないってときがあるんだ。

今度は義父なので、立場上私が何かを決断するって事はほとんどないけれど
その役割を今度は相方さんが担うことになるわけで…(長男なので^^;)
やっぱりそばにいる私としても見過ごすわけにはいかないわけで^^;
けれど、ふと気づいてみると、私達はとても色々な事を知っているし
病院から何らかの話があったり決断を迫られたりしても
それは既に聞いたことがある事だったり、経験している事だったりして
とても冷静に、そして明確に、色々な角度から物を見る事が出来るようになっている。
そんな経験なんてしたくもない、そんな知識などなくてもいいと思っていたけれど
私の両親の事がもし何もなかった状態だったら、今の私達の判断や考え方は
全く違うものになっていたかもしれないな〜とも思う。
こういうのを経験値っていうんだろうな。なんとも皮肉な話ではあるけれど…^^;
でも、そのお陰で相方さんや義母、義父の力になれるのならば、
私にとっての救いになるって思う。そして今は亡き私の両親にも…ね^^

全てがあるべき方向へと進みますように…

※写真は今月の課題練習!

category: 教室課題

Posted on 2014/02/03 Mon. 17:37 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。