書心忘るべからず〜夢のあとさき

経験値 



以前に少しお話しましたが
昨年末から今度は義父が入院してしまって
あまり経過も思わしくなく…
毎週お見舞いに通っています。

ここ数年ずっと自分の両親のために病院通いをして
様々な決断を強いられて…そのストレスたるや半端ないものがありました。
一つの疑問を片っ端から調べて情報を集め、いろんなデータを頭に入れることから始まって
そこから考えられる選択肢を並べて、どれが一番なのかを考える。
そこには倫理上の問題なんかも含まれる。
賛否両論あるような、そして答えや正解などないようなこと。
ただ生きていることを選ぶのか、尊厳を選ぶのか。
そんなことをいったい誰が決められるというのだろう。
でも、決めなければいけないってときがあるんだ。

今度は義父なので、立場上私が何かを決断するって事はほとんどないけれど
その役割を今度は相方さんが担うことになるわけで…(長男なので^^;)
やっぱりそばにいる私としても見過ごすわけにはいかないわけで^^;
けれど、ふと気づいてみると、私達はとても色々な事を知っているし
病院から何らかの話があったり決断を迫られたりしても
それは既に聞いたことがある事だったり、経験している事だったりして
とても冷静に、そして明確に、色々な角度から物を見る事が出来るようになっている。
そんな経験なんてしたくもない、そんな知識などなくてもいいと思っていたけれど
私の両親の事がもし何もなかった状態だったら、今の私達の判断や考え方は
全く違うものになっていたかもしれないな〜とも思う。
こういうのを経験値っていうんだろうな。なんとも皮肉な話ではあるけれど…^^;
でも、そのお陰で相方さんや義母、義父の力になれるのならば、
私にとっての救いになるって思う。そして今は亡き私の両親にも…ね^^

全てがあるべき方向へと進みますように…

※写真は今月の課題練習!

category: 教室課題

Posted on 2014/02/03 Mon. 17:37 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4