書心忘るべからず〜夢のあとさき

薔薇の香りに包まれて 



来週20日から、師匠のお稽古場兼アトリエにてミニ作品展が行われます。
…と言っても、一番のメインは隣接のバラ園なんですが(笑)
この時期、ご近所さんにも公開しているくらい、ステキな薔薇がた〜くさん咲き誇ります♪
それならば…と、ちょうどお稽古お休み期間でもあるので
アトリエを開放して小作品展をやろう♪ということになりました。
先日、準備をそこそこ整えて、満開の薔薇を待つだけになりました^^

師匠の作品、有志生徒の作品(私もちょこっと出してまーす💕)、薔薇の写真の合同開催です。
最近暑いくらいの日が続いたので、薔薇も結構咲き始めました。
来週あたり一番の見頃になりそうな気配です。
お近くで薔薇のお好きな方はぜひ見に行かれてはいかがでしょうか〜
個人宅なので、こちらで場所の公開はしませんが
情報を知りたい方は左のメールフォームからご連絡くださいませ!

薔薇の香り、最高の癒しになりますよ〜♪


category: 書教室

Posted on 2014/05/17 Sat. 23:57 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

原点に立ち返り 



今日は暑かったですね〜。
まだ5月だというのに…今年の夏は大丈夫なんでしょうか〜心配になってしまいます^^;

今年に入ってから、いつものお稽古とは別に
また違った側面から書を学んでいます。
今日はそちらのお稽古に行って来ました。
書の奥は深し…色々な側面を知る度に、より一層のめり込んでしまう自分がいます^^;
そして、自分は改めて書が大好きなのだということを再認識。
書いているものがどんなものであれ、筆を握り、走らせているときは本当に幸せ。

…とはいえ、やはり基本は普段の臨書から。基本なくして応用もなし。
昔の人たちからずっと受け継がれて来た、素晴らしい古典を臨書し、
そこから色々な事を読み解いていくこと、
そこがスタートであり、そして色々な事に繋がっていく…
書の違った側面を知っても、新鮮な発見があっても、
結局はそこが原点なのだということに行き着く。

こちらのブログになってから、実は臨書のUPをほとんど(全く?)していませんでした^^;
いかんいかん、初心を忘れていましたよ(笑)
ぼちぼちと、そちらの方も記録していけたらな〜と思っています。
今日はその手始めに、今やっている臨書から^^
北魏の時代の楷書、牛ケツ造像記です。
所謂、美しい楷書とは違い、個性的なものになっています。
美しい楷書と言われるものたちは、この六朝時代からしばらく経ってから確立されるものなんですね。
私はこの、六朝時代の楷書が大好きなんです。
荒削りだけど、絶妙なバランスで成り立っています。
好みは分かれる所だと思いますが…キレイな楷書が好きな方が多いと思うので^^;
私的には、美しい楷書を書いているよりずっと楽しいです(笑)

この牛ケツの臨書作品を、7月に上野で開催予定のある展覧会に出品する事になりました。
ちょこっと前に〆切りが過ぎ、無事に提出しましたので間に合ってるかと思います(笑)
今回は原点に立ち返り臨書作品を書きたかったので牛ケツを選びました。
また近くなりましたら、詳細をお知らせしたいと思います〜✨

category: 臨書

Posted on 2014/05/14 Wed. 23:57 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4