書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

生涯必須 



少しのご無沙汰です。
忙しい時と時間のある時の落差が激しくて^^;
気がつけばもう7月も終わり。

やりたいことがたくさんあるのに
何だか無駄に過ごした日もいっぱい。
やりたいことと、出来ないことと
やりたいくせに、やらないことと
わかっているけど、わかっていないことと
???…よくわからなくなってくる(笑)
ざわつく季節。がまた到来。

それでも日々出来ることはやっていこうって
仕事の合間をぬって臨書に励んでいました。
何かをしなくちゃって逸る気持ちと
すぐにも何かを変えたいって焦る気持ちと
そんなふわふわとした気持ちは前向きな気持ちとはほど遠くて
何か違和感を感じてしまう自分がいる。
ざわざわ、の正体はいつも形の見えない得体の知れないもの。
でも、全ては自分の中に、ある。

***********

ここのところ書いていたのは孔子廟堂碑。
何故にまた今楷書の作品なのか?ってことなんですが(笑)^^;
お教室の、今度師範を目指している生徒さんたちが
一生懸命楷書全臨の課題をこなすべく頑張っています。
去年一昨年くらいに、私もやっていたものです(私は多宝塔碑でした)
それで、せっかくそういう方達を目の前にしているわけなので
私自身も一緒に何か書こう!って思いまして^^
まだ全部書いたことがなかった孔子廟を始めたというわけです。

師範の試験を通っても、何の役にも立たないって前から言って来ました。
今もそう思っているし、そんなの単なる肩書きにすぎない。
それでいきなり何かが変わるわけでもない。
試験が終わってしまったら終わりではなくて
そこからが本当の意味での始まり。
臨書は、書をやっていく者は絶対に忘れてはいけない、生涯続く必須の課題だと思っています。
…試験があるからやるのではない。

そんなんで、一日ずっと臨書をしていると
ざわざわした心も少し、落ち着きを取り戻してくれます^^
スポンサーサイト

category: 臨書

Posted on 2014/07/29 Tue. 18:14 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

情熱の炎 



このひと月、お祭りでした。書道祭り!!(笑)
偶然なんだとは思うけれど、各地で書道展や個展、作品展などが重なって
先日の新潟を入れたら8件くらいかなぁ〜ちょっと数もわからないくらいになってます^^;
随分昔に、月に一度くらいはどこかの展示会などに行って目を養うのが理想で目標〜と言っていたんですけど
ひと月で半年分以上を廻ってしまいました(笑)
それでも、泣く泣く行けなかったものもあるくらい。
いやはや、重なりました^^;

どの展覧会も作品展も、それぞれ本当に素晴らしいもので
思う事も感動も色々ありましたが、それを全部書いていると長くなるので^^;
今回は小さな作品展のお話を少しだけ。
それもご年配の方々の、パワーと情熱の素晴らしさと言ったら!

一つはお友達の知人で古希の記念にと個展を開かれた方。
会場でたまたまご本人をお見かけする事が出来たのですが
その若々しさと可愛らしさ^^
書道家としてプロでやっている方ではないみたいですが、
作品は割と大きな掛け軸を中心に、墨絵もあり、扇子などに書かれたものもあり、
作品を通してその可愛らしさがにじみ出ている感じでした。
そして、会場に来た方達に粗品のプレゼントまで!
小鳥の形のペーパーナイフで、これまたカワイイ!^^(写真右の赤いのがそうです✨)
ちょっとした事だけれど、とても心がこもっていてセンスがあって
そしてご本人の生き方にとても豊かさとゆとりを感じたんですね。
同じ年齢を重ねるなら、あんなふうに可愛く生きたいですね〜ホントそう思いましたよ〜。

古希になっても情熱があって、すごい方もいるな〜なんて思っていたら
もう一つ、別の日に行った篠田桃紅展で更にショック!Σ(゚д゚*)
こちらは知る人ぞ知る、美術家(前衛書家?)の方ですが、御年なんと101歳!!!
年齢もそうですが、何より作品のかっこよさに言葉も出ませんでした…
ホントにかっこいいんです!口で説明出来ないけど…とにかく素敵。
とても小さなギャラリーで作品数も数点ほどでしたが、圧倒的なまでの存在感。
そこで販売されていたご本人の著書を購入して読みましたが、
生き様がまたかっこよすぎ^^;
説明すると野暮になるので、気になる方はお調べくださいませ(笑)

とにかく、やりたい事をやりたい様にやっていくことに
年齢など関係ないんだって改めて思えるきっかけになりましたよ〜。
大事なのはパワーと情熱。
短い人生、めらめら燃え尽きるほどに燃えて生きたいものですね^^

category: 書あれこれ

Posted on 2014/07/12 Sat. 13:45 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

戦友と共に 



今日は七夕ですね〜。
何だかいつも、七夕ってお天気が悪いみたい^^;
織り姫と彦星は、また来年まで待ちぼうけ…ってことになっちゃうのかな。
しかも荒れ模様だし!(ノД`ll)

七夕は、うちの結婚記念日なのですよ^^
うーん、かれこれもう何年になるのでしょう〜数えてビックリ、二人して(*゚Д゚)ギョエ!笑

同じ屋根の下に、血のつながらない、元々は赤の他人であった二人が一緒に住むのです。
それはそれは色んな事がありました^^;
でも、今日現在、笑って生活出来ているのだから
そこそこの結婚生活だったと言ってもいいのではないかと(笑)

特別なプレゼントとか、そんなことはもうしなくなりましたが^^;
それでも毎年どこかに美味しいものでも食べに行こ〜というのが恒例。
まぁ〜長々とお世話さまだね、といって戦友と乾杯(笑)
そして色んな事を語り合うのが何よりのプレゼントかなぁ。

二人だけの生活って、実はガラスの上を歩いているようなもの…
いつもそう思います。
だって、つなぎ止めてくれる子供もいなければ、気をそらしてくれる人もいないのだから。
常に二人はガチの間柄。話す事も行動もダイレクトに相手に直結。
だからこそとても気を遣う。よく言えば思いやる、というのかな。
自分の心の変化も、すぐに相手に伝わってしまうから
だからなるべく自分自身が気分よくいられるようにしないと。
家の中の空気が悪いって、二人の生活の場合ホント拷問に近い(笑)
そんな事がなんとなく分かって、心がけるようにしてからは
一日が楽しく過ごせるようになった…かな^^
人は変われるし、人との関わりも変えていけるものなんだ。

とにかく好きな事をしている私を後押ししてくれていること、
それだけで感謝しかない今日の七夕。
お天気だったら言うことなかったんだけど〜(;д;)

また一年、共に闘ってゆこうぞよ!^^


※写真は久々に先月の課題^^;
 晴好雨奇…雨でも晴れでも素晴らしい景色…の意。

category: くらし

Posted on 2014/07/07 Mon. 22:47 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

弱さと強さ 


ryokan2.jpg


いまさらながらですが、良寛編です^^;あは

旅の二日目は良寛の里、良寛記念館、最期を過ごした木村家…などなど、
良寛さまにまつわる場所を巡ってきました。
お墓参りもしてきましたよ^^

良寛さまの書もたくさん見てきました〜。
独特のバランス、線の細さ、一目見れば良寛さまとわかる筆跡です。
きっと一般の方が何も知らずただ普通に見ただけでは、
これは良い書なのか、上手い書なのかと思う方もいらっしゃることでしょうね。
所謂活字のような字や、現在美しいと言われている楷書のような書とは
かけ離れたものであることは確かです。

でも、前回書いた「書は人なり」にも通じることですが
この書は良寛さまにしか書けない、究極まで色んなものを削ぎ落とした書。
なかなかここまで削ぎ落とす事って出来ない。書も然り、生き方も然り。
それはまさに良寛さまの生き様、人生そのものが現れている…そんな気がします。

生きていると、どうしても色んなものを背負い込んでしまうし
年を重ねればそれがどんどん増えてゆく。
いつの間にか必要のないものまで抱え込んで
知らぬ間にそれが自分を苦しめる。
良寛さまは人から離れて山に暮らし、削ぎ落とす人生を送って来たのかな〜と。
自然の中で風を感じ、月を愛で、四季を眺め、大地に守られている事を感じながら
自分がただ「ここ」にあることを慈しむように。

一見儚く、か弱げに見える良寛さまの書ですが
実はとても芯が強くてしなやかで、弱さの中にある強さを感じるから
今でも人の心に残るのかもしれないですね。
少なくとも私には、そう感じられました。

ryokan3.jpg
出雲崎の海を見渡す良寛さまの像が印象的。



category: 書あれこれ

Posted on 2014/07/01 Tue. 17:21 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。