書心忘るべからず〜夢のあとさき

情熱の炎 



このひと月、お祭りでした。書道祭り!!(笑)
偶然なんだとは思うけれど、各地で書道展や個展、作品展などが重なって
先日の新潟を入れたら8件くらいかなぁ〜ちょっと数もわからないくらいになってます^^;
随分昔に、月に一度くらいはどこかの展示会などに行って目を養うのが理想で目標〜と言っていたんですけど
ひと月で半年分以上を廻ってしまいました(笑)
それでも、泣く泣く行けなかったものもあるくらい。
いやはや、重なりました^^;

どの展覧会も作品展も、それぞれ本当に素晴らしいもので
思う事も感動も色々ありましたが、それを全部書いていると長くなるので^^;
今回は小さな作品展のお話を少しだけ。
それもご年配の方々の、パワーと情熱の素晴らしさと言ったら!

一つはお友達の知人で古希の記念にと個展を開かれた方。
会場でたまたまご本人をお見かけする事が出来たのですが
その若々しさと可愛らしさ^^
書道家としてプロでやっている方ではないみたいですが、
作品は割と大きな掛け軸を中心に、墨絵もあり、扇子などに書かれたものもあり、
作品を通してその可愛らしさがにじみ出ている感じでした。
そして、会場に来た方達に粗品のプレゼントまで!
小鳥の形のペーパーナイフで、これまたカワイイ!^^(写真右の赤いのがそうです✨)
ちょっとした事だけれど、とても心がこもっていてセンスがあって
そしてご本人の生き方にとても豊かさとゆとりを感じたんですね。
同じ年齢を重ねるなら、あんなふうに可愛く生きたいですね〜ホントそう思いましたよ〜。

古希になっても情熱があって、すごい方もいるな〜なんて思っていたら
もう一つ、別の日に行った篠田桃紅展で更にショック!Σ(゚д゚*)
こちらは知る人ぞ知る、美術家(前衛書家?)の方ですが、御年なんと101歳!!!
年齢もそうですが、何より作品のかっこよさに言葉も出ませんでした…
ホントにかっこいいんです!口で説明出来ないけど…とにかく素敵。
とても小さなギャラリーで作品数も数点ほどでしたが、圧倒的なまでの存在感。
そこで販売されていたご本人の著書を購入して読みましたが、
生き様がまたかっこよすぎ^^;
説明すると野暮になるので、気になる方はお調べくださいませ(笑)

とにかく、やりたい事をやりたい様にやっていくことに
年齢など関係ないんだって改めて思えるきっかけになりましたよ〜。
大事なのはパワーと情熱。
短い人生、めらめら燃え尽きるほどに燃えて生きたいものですね^^

category: 書あれこれ

Posted on 2014/07/12 Sat. 13:45 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4