書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

からっぽ 

muichimotsu.jpg


世の中のいろいろなこと、
関係ないように見えることも
ずっとずぅ〜っと先の方で
やっぱりどこか繋がっている、って思う。

そして、日々起こる様々な出来事は
今の自分に必要だから起こることなのだということも。
自分ではそうと気づかないこともあるけれど
自分が必要な時に必要な物や人に巡り会い、色んな出来事が起き、
はっと気づかせてくれるサインの役割をしてくれている。
それは決して良い出来事のサインでないこともあるけれど
それでも何かしらの意味をもち、何かしらの知らせであることに間違いないって思う。
それに気づかないでいることは、とても残念で勿体ないことなんだ。

今日は大切なお友達とクリスマス会??的な会合をして笑
その中での新しい出逢いに、本当に清々しく気持ちの良い時間を過ごしました。
人間関係って実は人が抱える一番難しい問題かなと思ったりするのですが^^;
初めて逢って、初めて話すのに、何とも心地よい事ってあるんですよね…不思議なのだけれど。
単なる女子会というだけでなく、はっきりとした目的をもって集まった人達。
まだそれは小さな第一歩ではあるけれど、きっとこういう方達となら
小さな事でも何か出来るんじゃないか…って、漠然とそんな事を思ったのでした。

そんな中で、「なんにもない」ことについてを色々お話したのですが
禅の中で同じような言葉があったのを思い出し、帰宅してからちょっと書いてみました。


「無一物」むいちもつ
何一つ持っていない、の意。すべてを投げ捨て、一切の執着から解放された悟りの境地。


人はただ生きているだけで、どんどんどんどん色んなものを抱え込み、
鎧を身に纏い、その重さに耐えられなくなって潰されてしまうこともあって。
自分を「なんにもない」無の状態、からっぽの状態にすることが
どんなに難しくて、そして大切なことか、という事を今日色々お話したのです。

からっぽにする…こと。
そういえばそんなことを考える事さえも忘れている自分がいました。
ハッとして、そして「あぁ、これは今日私に教えてくれたサインだったんだ」と。


自分を解放することは、そんなに簡単な事ではないけれど
たまには持っている色んなものを投げ捨ててみるのもいいかもしれない。
そしてまた、必要な荷物だけをまとめればいい。

身軽になれば、また足取りも軽く、一歩また一歩…
新しい道へと歩きだす事が、出来るかもしれない。

スポンサーサイト

category: 想い…書に込めて

Posted on 2014/12/22 Mon. 23:59 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

今年の一字 2014 



12月も半ばを過ぎ、年の瀬ですね…
私もいつものお仕事が今日最終日を迎え、
「佳いお年を〜」のご挨拶と共に、無事仕事納め。
細々とながら何とかこの一年もやってこれた事に感謝しつつ
一つ一つやるべきことが終わっていきます…
あとは今週のお稽古と、お教室の子供達のクリスマス会を残すのみ!
終わり良ければ全て良し…で、しっかり全うしたいと思います^^


先日、毎年恒例の清水寺での今年の一字が発表されましたね〜。
今年は「税」ですって…わかりますけれど、なんとも色気のないというか(笑)
来年はもっと夢のある一字になるような年になって欲しいです…。


私もブログを初めてから毎年のように自分の今年の一字を考えてきました。
今年もそんな時期になったんですねぇ。
去年の一字を考えていたのがつい先日のように思えちゃうんですけれど…^^;


今年一年、私にとっては「初めて」の多い年でした。
講師としてお手伝いさせていただく事になったこと、
ワークショップの経験もさせて頂きました。
外国での書道展にも初めて出展させて頂けましたし、
初めて年賀状の本に掲載もさせて頂けて
初めての中国にも行くことが出来ました♪
小さな事ながら、私にとっては大きなこと。


その度に、とにかく今年は震える想いをたくさんしました。
緊張して震えたこと、喜びや感動、発見で心震えたこと、
悪い意味での震えなんかもあったりしましたけれど(笑)
ほとんどは、どれも自分にとって良い意味での心の震え。

そんなわけで、私の今年の一年は「震」です。

震という字は、どうしても地震とかのイメージになっちゃうかもしれないのですが
心が震える、という言葉以外に当てはまる言葉が見当たらなかったのです^^;
単に感動した、というだけでは足りないし、嬉しかった、楽しかっただけでもない、
やっぱり「心が震えた」のです(笑)


それと同時に、自分がいかに力不足かという事も嫌というほど味わいました。
本当にもう、嫌というほど、です^^;
目のくらむほど山積みになっているもの。
来年はそれをどこから、どう克服していくか、それが一番の課題となりました。
とにかく、また一年経ったとき、1ミリでも前に進んでいることを目標に
来年もコツコツとガンバルのみです!



category: 想い…書に込めて

Posted on 2014/12/17 Wed. 23:10 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。