書心忘るべからず〜夢のあとさき

夏休み 

書道 半紙 美辞麗句

気がつけばもう8月も終わりに近づいてきました。
最近は暑さも少しだけ変化している感じがしますね。
…とはいえ、まだクーラーは手放せない我が家ですけれど^^;

先日今月最後のお稽古が終わり、子供たちが夏休み中に来るのも最後になりました。
真っ黒に日焼けして色々遊びに出掛けた話を楽しそうにしている子たちを見ていて
微笑ましい8月でしたね〜。自分の昔の事を思い出したりしながら…

私が子どものころ、うちは父がとても仕事が忙しくて
お休みも日曜日だけ、夜遅くまで働いて、帰って来るのも遅くて。
昔はそんな人も多かったんでしょうね〜。
でも、夏休みだけは数日あったので、必ず家族で旅行に行ったものでした。

そんな事が毎年続いて、ずっと続くと思っていた時代です(笑)
いつからか予定が合わなくなったり、友達との方が楽しくなったりして
家族揃って旅行って行かなくなった年が何年もありましたが
大人になるにつれ、またそんな時代が戻って来るんですね。
少なくともうちはそうでした。

大人になって、親を見る目も少しずつ変化して
大人として対等に話をするようになって…
そして改めてまた新たな人間関係を親と築いたような気がします。
自立してから見る親の姿は、子どもの頃のそれとは違っている事が結構あったりして。
良い事も悪い事も、親がとても人間臭い人なんだって確認出来たような(笑)
あまりぶつかることも、否定する事もなく
そんな時をまたしばらく過ごせたことは、とても幸せな事だったんだって今更ながら思います。


そうして気がつけば、うんと親が小さくなっていた…あんなに大きいと感じていた父の背中も。
夏休みに過ごしたいろいろなこと、今では本当に遠い日の想い出。


子供たちの話を聞きながら、そんな昔を思い出した今週のお稽古だったのでした…キュン。


※写真は久々半紙の課題より。

category: 教室課題

Posted on 2015/08/24 Mon. 01:43 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2