書心忘るべからず〜夢のあとさき

自分探しの旅 

IMG_0179.jpg


書は、私にとって自分探しの旅、だと思っている。


初めて書、というものに出逢ったのは
記憶にもないくらい小さいときに
家に飾ってあった祖父が書いた作品だった事は前にも触れたけれど


そこから始まって
習字教室に行くようになって
中学に上がってやめてしまってからも
心のどこかに書への想いはずっとあって
高校で再び学び
社会人になっても細々と書き続けて
散々遠回りをした挙げ句に
結局今、こうしてまた書に向かう日々に舞い戻ってきた

そうしてやっと、ここが私の居場所だと思える
「しっくりくる」ってきっとこういうこと。


それでも時々、あぁ、私ってなんて遠回りして来たのだろう、
時間を無駄に過ごして来たって思う事は常にあって。


でも、結局どの経験を切って捨てても
今の私には辿り着けてなかったのだろうと思う。
小さなことも、大きな出逢いも、全ては必然だし
そのどれが欠けてしまっても、今の私ではないのだろう。

巡り巡ってここへ来た。
それは無駄に遠回りしてきたってことじゃない。


来るべき時に、その時は来て
逢うべき時に、逢うものに逢う
出逢いも別れも、必然であって
ほんとうに必要ならばまた、きっとどこかで出逢えるのだろう。


やっと最近、そんな風に強がり抜きで(笑)思えるようになりました。


書を通して私は自分探しの旅をしている。
今までも、そして、この先もずっと。


※臨集王聖教序



category: 臨書

Posted on 2018/02/27 Tue. 01:50 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

高橋貴子先生の教室開業・集客セミナーに参加♪ 



今日は、「飛常識な経営コンサルタント」で人気の
高橋貴子先生のセミナーに参加して参りました。
高橋先生は私の師のお友達で、ご自身でも色々な起業をされて成功を収めてらっしゃるスゴイお方✨
今回、わざわざ師の教室での開催をしてくださるとのことで
師範合格をした師範生や師の後輩の書家さんたちなど
たくさんの方が集まりました。


最近高橋先生が出版された

「しっかり稼げる自宅教室の開業・集客バイブル」

この本の内容もとても為になるお話ばかりでしたが、
それをもう少し突っ込んでお話してくださり、
また、ディスカッションなども交えて
色々な自分の中での矛盾や、気付きがたくさんありました。


私は、とても自分の事をぼんやりとしか考えてこなかったな〜と。
これまで本当に周りの方に恵まれて、何となく今の自分があるだけで、
私自身は自分がどうしたいのか、方向性などを
イマイチきちんと考えてなかったことに気付きました。
ただ、好きな書に関わっていられればそれでいい、と。

けれど、ここへ来てやはりそれだけではいけない、と感じるようになりました。
現状維持は衰退への第一歩。
常に前進する気持ちでいなければ、今私の所に来てくださっている生徒さんにも、
そして私自身の書への気持ちにも背く結果になってしまうかもしれない。


今現在同じように教室を運営されている方々のお話も伺う事が出来て
とても有意義な時間となりました。
こういう時間は大切ですね。

一つでもお話の中にあったことを実践していきたいと思います。
今よりも更に良い未来をめざして✨✨



IMG_5690.jpg

category: くらし

Posted on 2018/02/18 Sun. 19:29 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

「翔麗と可笑しな仲間たち展」のお知らせ 

作品展


お知らせです!
3月に原宿で小さな作品展やることになりました。

毎月一度出張でレッスンをしている
会社内のグループ内での作品展。
代表のおじさまが無謀にも作品展やろう!と
言い出したのが始まり(笑)

レッスンは月に一度。
家に持って帰ってやるような方たちじゃないし(笑)
あれこれ煩く指導されるのもキライなご様子^^;
どちらかと言えばレッスンというより自由に書いていたい方たちの集まりではありますが
でも、筆を持つ事はお好きなようで、毎回愉しむことは忘れない方たちです。
私も、そんなみなさんのレッスンを毎月楽しみにしているのですが^^


本当にやるんですか?と3回は聞いたと思う😅笑笑
やるなら本当にやる気になってもらわないと、そう簡単に出来るものではありません、と
それが去年のいつの話だったか(笑)
結果、やることになったんです(笑)


どうなることやら、作品仕上がるのか💦と思ったけれど、
最後の最後、追い込まれてから皆さん頑張りました(笑)
やる時はやる、方たちなのです^^


生徒さんは6人だけ。
みなさんお忙しい方々で、何点も書けるような状況じゃないし、
だから作品数もごく僅かだけれど、レッスンやって三ヶ月、
なんて人もいるわりには頑張ったと思います(笑)
小さなスペースでのそんな展示となりますが
もし近くを通るよ〜なんて方がいらしたら
是非頑張った生徒さんの作品、見にいらしてください✨
私の作品も少しですが展示致します^^



「翔麗と可笑しな仲間たち展」
2018年3月6日(火)〜10日(土)
11:00〜19:00(最終日は17時まで)
CLUB PETU 渋谷区神宮前1-15-2 B1
■JR原宿駅 竹下口より3分
■東京メトロ 千代田線・副都心線 明治神宮前駅 3番出口より3分
青い屋根の入口が目印です✨
私は今のところ、木金以外は会場に行くつもりでおります(時間未定)


clubpetu.jpg
↑青い屋根が目印です✨

category: 作品展

Posted on 2018/02/14 Wed. 15:57 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

息が出来ない 



日々、やるべき事に追われて
…それは世間のみなさんそうだと思いますが

なかなか思うように思う事を出来ないのが世の常。
そうこうしているうちにもう今年も一月が終わってしまい…

このまま行ったら、ホントにあっという間に今年も終わってしまう、
なんて事になりかねない気がして来ました(笑)


それでも、私は好きな事を仕事にしているし、
時間はあるものではなく作るもの、というのも
この数年自分が実際に感じて来た事でもあります。


本気で何かに夢中になったら
本気で何かを得たいと思ったら
寝る時間も食べる時間も惜しくなくなってしまう


そのために常に寝不足がつきまとっていますが^^;
それもずっとやってると慣れて来るもんです(笑)


何のために?
一体何を達成するためにやっているのか?
ゴールはどこなのか?

…なんて、そんな事を考えているうちはきっと
何かに打ち込むことなど出来ないのだと思う。
ただただ気持ちがあるのみ、理由なんて自分でもわからないんだもの。


夢中になったらひたすらまっすぐ。
色んな数多くのものに気持ちを注ぐ事は出来ないけれど
こう、と決めたものにはとことん。


書きたいものは溢れるほどあって
書への気持ちも止めどなく溢れ出す。
時々、自分でも息が出来ないと感じることがあるほどに。


息が出来ないほどのものに出逢えた
私の人生は今この時点でも充分に幸せだ、と思う^^



※写真は西川寧先生の臨書。

category: わたしについて

Posted on 2018/02/11 Sun. 07:52 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0