書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

限られた時間 




ここのところ、前にも増して私は書が好きになっている。
笑ってしまうくらい、自分でも。
昔から字を書く事が好きだったけれど、そしてだからこそ今の自分がいるのだけれど
書道というものがこんなにも奥深く、そして心惹かれるものであったなんて
正直ここまでとは思ってもいなかった。
とにかく1分、1秒、無駄にはしたくない。
もうすでにこれまで随分無駄に遠回りをして過ごして来たのだから(笑)


もちろん、無駄に過ごした、とは言っても
本当にその遠回りが無駄だったと思っている訳ではなく。
無駄なことなどこの世界には一つもない、それもわかっているし
実際自分にとっても、その回り道がなかったら今の自分の半分も存在してはいなかっただろう。
その代わりに、違う自分が存在していたかもしれないけれど。(笑)


今までのどの経験も、どの出逢いも、私にはなくてはならないものだった。
それはずっと変わらないし、これからもそんなことの繰り返しなのだろうと思う。
けれど、自分に限られた時間はどんどん短くなるばかり。
無駄なことをしている時間などないっていう気持ちが最近波のように押し寄せる。


今年に入ってから、狂気的なほどに書に傾倒している自分がいる。
抑えられないものがある、説明出来ないほどに。
毎晩、毎晩、時間さえあれば書いていたい、眠る事も忘れて、考える事も忘れて。
それで遠回りしてきた時間を、取り戻す事が出来るのなら。


…な〜んて、こんな風に書くととってもイっちゃってるみたいに聞こえるかもですが(笑)
その実、めちゃくちゃ楽しいから出来ることで(*´∀`)
ただただ、好きだから出来ること、ってそれだけなのですけれどね^^


きっと多分、今の私は、そういう微妙なお年頃…ってことなんだろう。(笑)




category: わたしについて

Posted on 2016/05/21 Sat. 22:26 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/102-443843fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。