書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

あじさいの咲く道 




今日は夕方から少し時間が出来たので
久しぶりにお散歩がてら、夕飯の買物へ、歩きで出掛ける。


いつもは時間に追われて足早に目的地へと急ぎ
目当てのものを買い求めて引き返す…そんな事が多いのだけど


足の運びもゆっくりと、空気を大きくすうっとすいこんで
空を見上げながら、周りの景色を確認しながら、しっかりと大地を踏みしめる。
そんな時間はとっても私にやさしくて
そして同じ時間でもゆっくりと動いているように思えた。


IMG_5360.jpg



母がまだ生きていたころ、よく一緒に歩いた道。
母の身体のために、リハビリで歩いていたようなものだったけれど
さらにゆっくりと、母の歩幅に合わせて歩いた時のことを想い出す。
空気を吸い込めば、あの時の匂いがする。
風の音も、木が揺れてカサカサとなる音も、あの時と同じだ。



きゅん、と胸がちょっとだけ傷む。思い出は時に哀しい。


IMG_5367.jpg

ふと見ると、もう紫陽花が咲いていた。ちょっと早くないかい?(笑)
…でも、もうすぐ5月も終わるんだ。
そしてまた長い梅雨がやってくる。



不思議と紫陽花はお天気が似合わない花。
雨はキライだけれど、今日だけは
雨の気配がなくてちょっと紫陽花が気の毒に思えた。



夏もなほ 心はつきぬあぢさゐの よひらの露に 月もすみけり  藤原俊成


category: 想い…書に込めて

Posted on 2016/05/29 Sun. 21:42 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/103-90f94156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。