書心忘るべからず〜夢のあとさき

たいせつなもの 

IMG_5400.jpg


私は基本、ひとりが好き。
…というよりも、一人になる時間が自分には欠かせない、と言った方がいいのかな。
友達や大切な人と過ごす時間はもちろん好きだけれど、そういうことではなく。

これは大昔からそうで、結婚する前、家族と住んでいた頃から変わらない。
幸い、両親、兄弟にも恵まれて、私はとても仲のよい幸せな家庭に育ったけれど
それでも思春期の頃くらいから、一人の時間というのは絶対に必要だった。
家族が寝静まった後で、自分の部屋に一人、ずっと起きていた事が結構多かった。
何をするというわけでもなかったけれど、色々考えたり思ったり、そんな時間が好きだったのかな。
…今の夜更かしにも似ていたりするから笑えるけれど(笑)


それは人嫌いというのとは全く別もので、
基本的には私は人間が大好き。
これまた幸いなことに、今まで周りの人にとても恵まれてきた。
そりゃね、色んな人がいるので、それなりに変わった人や
どうしても受け付けられない人もいるにはいましたけれど、
でも、基本的にはとても良い人に恵まれた、と私は思っています。


私が人に対して求めるものの一番は「信頼」かな、と思う。
そのために色んな話をする。色んな話を聞く。
その人を理解したいと思う。それが人間関係だ、と感じているから。
信じてもらえなかったり、相手の事が信じられなければ、
関係としては意味のないものに思える。
そこに価値を置く意味もないように思える。
相手を尊重していなければ信頼は生まれない。
尊重とは、尊敬の念、尊いものとして大切に扱うこと。
自ずとそれは立ち振る舞いや態度に表れるから。


自分がこれまで深く長く付き合いを続けてきている友達、或いは仲間たち、家族も含めて
それに共通することは多分そんな関係だから。
私は彼・彼女達を心底信頼しているんだって思う。
相手がどうかはわからない。でも、私が信じているのだからそれでいい^^
それが出来ない人達は残念ながら「知り合い」の枠になってしまうんだろう。


大切なものは、とことん大切にする。大切にしてくれる人にはとことん向き合う。
大切にするとは、相手の気持ちになって考えるということ。
その人の役になら喜んで立ちたいし、迷惑ももちろんかけたくないと思う。
でも、私の事を軽んじている(と感じる)人に対しては願い下げ。
そこだけはハッキリしてる。

…認めなくないけど、やっぱりこれってB型だから、なのかしらん?


写真は没サンプル^^;

category: わたしについて

Posted on 2016/06/04 Sat. 13:57 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/104-72370e07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)