書心忘るべからず〜夢のあとさき

お鮨とお相撲とロゴ揮毫 

c2928fc6025e14766652509561661263-640x360.jpg


ちょこっと遅いお話になりますが
先日の大相撲9月場所、国技館まで見に行って参りました^^

実は私、大のお相撲ファン、なのです♪
元々は、若貴の時代から見るようになったのですが
結婚して、主人がとてもお相撲好きだったこともあって
その面白さをずっと聞かされているうちに
それまではただの「太った人がやるスポーツ」
くらいにしか思っていなかったのが(ごめんなさい^^;)
すごく奥が深くて、中身の濃いものなんだということがわかって
そして何より、長い歴史のある重みのあるものなんだという事がわかって
すっかりその魅力にハマってしまったのでした。

…とはいえ、最近はすっかり元気のない日本の力士たち。
今でも若貴時代や、先日亡くなった千代の富士さんの時代のDVDの方が
よく見ているかもしれない、です(笑)


…話はそれましたが…
ずっと生で見に行きたいと話していて、なかなか機会がなかったり
気がついた時にはチケットも売り切れていたりで
今まで叶わなかったのですが、
先日、お仕事で両国にあるお鮨やさんのロゴを書かせていただいて、
そのオープンが8月だったこともあって、
これはお相撲を見に行きがてら、お店にも行かなくては!ということになり(笑)
チケットを慌てて取った、というわけです。

…今日は、そっちのお鮨やさんのお話、です^^;(前振りが長いですが笑)


IMG_2593.jpg

お店の名前は「鮨 うえ岡」さん。
国技館から歩いて7〜8分くらいでしょうか。
お相撲が終わったあと、興奮冷めやらぬ状態で歩いたので
ちょうど熱冷ましには良いくらいの距離でした(笑)

繁華街からは少し外れた、静かな場所にお店はありました。
こじんまりとした、でもモダンな感じの佇まいです。
夜に伺ったので、写真がなかなか上手く撮れず、ちょっとわかりにくいかもしれませんが
さりげなくそこにある、といった感じの、私はとっても好きな雰囲気のお店でした^^


店内は、カウンター席とテーブル席が少し。
今回はカウンター席で、店主の方の包丁さばきを見ながらのお食事^^
大体、回ってないお鮨やさんに行く事自体、ホントに久々だったので(笑)
ちょこっと緊張しましたが、店主の方にはお逢いしていたし、とてもきさくな方なので
そんな緊張もどこかへ吹き飛びました^^
一緒に行った主人はちょっと緊張していたようでしたが(笑)


一つ一つ、丁寧な仕事でお通しからお刺身など出してくれます。
おまかせメニューなので、何が出るのかは全く知らず。
お鮨が出て来る前に結構な種類のお刺身などを出してくれました。


IMG_2612.jpg


店主はとてもお若いんですよ〜。多分同世代かちょっと年下、くらいかなと思います。
20年以上ずっと修行をされてきて、この度念願の独立に至ったそうです。


とにかくネタは美味しいし、
それを処理している手間とか仕込みがとても丁寧、という印象を受けました。
毎朝築地まで仕入れに行ってらっしゃるそうです。
これからの季節に出て来るお魚や貝類のお話などしながら
タイミングもバッチリな間で出してくださるので、本当にお箸が進みました♪
とってもボリューム満天。お腹も心も一杯満たされました^^

お鮨やさん、というとちょっとお高くて敷居も高い、というイメージがありますが
お店はモダンな造りで、お値段もリーズナブル。
オシャレだけど気兼ねなく来れるお店、そんな感じです^^


こんな素敵なお店のロゴ、書かせて頂いてとてもありがたいことでした。
お店がモダンな感じなので、いわゆる堅い感じのいかにもって感じではなく
少しフラットな、気軽な感じで入れるお店、をイメージして書かせて頂きました。
ロゴの他に名刺もご注文。ありがとうございました^^


お相撲を見て、このうえ岡さんに寄る、という定番を
これから作ろっか、と主人とも話していたところです^^

大人のお遊び。たまの贅沢。
そんな感覚を味わいたい方には是非おすすめしたいお店です!


>>>鮨 うえ岡

category: 書の仕事

Posted on 2016/10/01 Sat. 01:50 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/113-c9dad8db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)