書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

つなぐ伝統展 

14462762_1082207398553819_1025715694696516328_n.jpg


こちらで告知をするのをすっかり忘れてしまっていましたが…(;д;)
先日の土曜、日曜日に横浜赤レンガ倉庫で【つなぐ伝統展】が開催されました。


これは、日本全国の優秀な俳人さんが創作し応募された、
俳句や短歌などの詩歌作品を
西陣織の掛軸や、会津漆器をはじめとした焼き物などの伝統品に
書作家が揮毫する、というもの。

俳人さん×伝統工芸士さん×書家のコラボ展、です^^

これまでも何度か開催されていて、何度かは私の師が一手に手がけてきたのですが
今回は私の他数名の書家に貴重な機会を与えて頂き、制作に至りました。

通常、書の掛軸作品というのは
書道用の紙に書いたものを表装していただき、軸にするのですが
今回は制作工程の関係で、何も書かれていない状態の紙を軸にしたものを、
最後に書家が揮毫する、(もちろん一発書き!)というリスクの高いもの^^;

…だって、西陣織ですよ?失敗したらどんだけ〜〜って感じです(ちと古いですが笑)


IMG_2736.jpg


もう一つの会津漆器は、花器やパネルに
作家さんが手書きで蒔絵を書き入れたものの余白に筆文字で詩を入れるパターン。
こちらは筆で直接は書けないので、書いたものをデータ化して、最後に焼き付けてもらいます。


私は今回、軸2点と漆器8点、両方を手がけさせていただきました^^
漆器の方は、焼き付けの工程があるため、出来上がりを見たのは展示当日が初めて。
緊張しながら見に行きました…ちゃんと思った通りの感じで仕上がっているだろうか…と^^;


でも!職人さんがとても良い仕事をしてくださったようで
本当に忠実に、データの通りに焼き付けをしてくださっていました。
ひとしきり見てホッと一安心。


IMG_2657.jpg


改めて見ると色々と課題はありますが、
こうしてどなたかの手に残る作品を作るお手伝いをさせていただいた事は
本当に私にとっても記念になりました。

今回、紹介してくださった師をはじめ、
このイベントに関わってくださったみなさまに心より御礼申し上げます。
そして、もしも見に行ってくださった方がいらしたら…本当にありがとうございました!^^


もっと写真を見たい!と思ってくださった方がいらしたら…
>>>こちらでいくつか作品の写真を載せています〜^^


次回…その時また私が関われるかどうかはわかりませんが^^;
また来年別の場所でこの【つなぐ伝統展】開催予定だそうです。
日本の伝統的なものと、書のコラボって素敵ですよね〜★
是非こういうイベント、これからも継続していっていただきたいなって思います!^^





category: 書の仕事

Posted on 2016/10/10 Mon. 12:32 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/114-4adec940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。