書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

タコさんぷっくり 



…急に雨ですね。
梅雨をすっ飛ばして、毎日真夏の様だなぁ〜と思っていた矢先^^;
やっぱり梅雨です。日本です(笑)

こんな雨の日はおうちでまったり。
こんな雨だと墨色も悪く…書いても変に滲みが出たり
紙もなんだかしっとりしてます^^;湿気恐るべし!
だからって雨の日は書かないって言ってられませんけれど、
今日は何となく硬筆の気分だったので
一日硬筆の訓練に精を出しておりました。

子供達をみるようになってから、
最初に苦戦したのは実は硬筆の課題^^;
だって、今迄「えんぴつ」の訓練はしてこなかったものー(;д;)
硬筆って、単に鉛筆でキレイな字を書ければいいってんじゃないんです〜。
形だけある程度きれいに書く事は出来ても、それだけじゃ全然ダメ。
鉛筆といえど筆で書いたかのような起筆、強い筆圧、迷いのないキレのある線質…
そして何より、微妙なバランスで成り立っている文字の骨格のバランスがとっても大事で
それをとにかく頭に叩き込むしかないんですね^^;
そんなん、何にもわかっていなかったあたくし(笑)
ま〜初めはダメ出しの嵐でした(爆)
今ならわかる、その意味が^^;

最近やっと少しその意味を理解して、ダメ出しも大分少なくなりました(笑)
まだまだ、ですけどねぇぇ(ノД`ll)
書と同様、練習以外の解決法なし。

…ペンだこがありえないことになってきてます(笑)

kouhitsu.jpg

※写真は中学生の課題より〜



category: 書教室

Posted on 2014/06/07 Sat. 18:39 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 6

コメント

 翔麗さんが「ペンだこさんぷっくり」・・なんか微笑ましい情景ですね。
私は毎日の細字写経のせいか、たぶん筆持ちが悪いのでしょう・・
中指にタコさんが・・・できていますよ(笑)
 
 ペン字といえば、教室のある師範の方は、ペン字部門にも毎月提出されて、いつも特選です。
 この方は、漢字、かな、詩文、条幅、創作どの部門でも、特選又は準特選です。師範試験ではもちろんペン字は対象外ようですが、並行して稽古に励んでいたようです。
 ペン字課題は、半紙半分の用紙に、5~6行の漢字かな交じりの文章が提示されています。 師範としてかなり万能の方のようで、脱帽です。
 彼女は、教室の生徒全員に、毎回アメチョコを配っています。
偉ぶらない気さくな人柄のようで、皆さんの相談相手になっていますよ。
 
 実のところ、小生、以前に申し上げたかもしれませんが、筆を持つ腕の方の「痺れ現象」にしばしば悩まされ、加えて眼の方がいわゆる「飛蚊症」に見舞われているので、細かい字のかな、詩文部門やペン字部などは、根気が続かず敬遠しています。
 今は、漢字の半紙六文字ぐらいまでが書き込める限界です。
しかし、写経だけは、二時間ほどかけて、なんとか続けています。
 逆に、書画展や書画にかかるエッセイなどに接する機会が増えました。

 ところで、以前から思っていましたが、海月ワールドそして、引き続きの翔麗ワールドの魅力は、書にもまして、それは心に響く、まさにエッセイが綴られているからです・・・。文才ありありと感じられます・・・。
 たぶん翔麗さんは、小・中学生ぐらいから、書はもとより文章を書くことも好きだったのかも知れませんね。当て推量ですみません(笑)

 
 





 
 

伀 #- | URL |  2014/06/08 21:54 * edit *

★伀さん

こんばんは〜!^^いつもありがとうございます!
ペンだこさん、伀さんにも出来ているのですね。
筆持ちが悪いのではなく、これは鍛錬の賜物…という事にしておきましょう〜(笑)
私もそう解釈して、大切にタコさんを育てたいと思います(笑)

伀さんのお教室の師範の方は、とっても優秀な方なのですね〜。
師範といえど名前だけ…なんて方も結構多いと思うので…^^;
試験などあっても、その会によってまちまちですし、
公式な基準の上で認められているものではないですからね〜。
そういう立場になってから、更にどれだけ勉強し鍛錬を重ねていくのか、
そこからがスタートなんだと感じます。私ももっともっと頑張らなくては^^;

私の所属の所では、大人の部はペン字・硬筆部門がありません。
だから子供に教える段になって始めて壁に当たる訳です^^;
私の住んでいる埼玉では、子供の硬筆にとても力を入れているらしく、
子供の硬筆のレベルがとても高いです。びっくりする程ですよ!
大人も子供にならって硬筆もやるべきですよね〜(笑)
字の骨格やバランスなどが改めてわかって、とても勉強になります。
そして鉛筆の感触やあの独特の匂いが何だか懐かしく、
私は最近硬筆が好きになってきました(笑)

伀さんの腕の痺れはまだよくなりませんか…(;ω;)
細かい字などは根気も要りますので視力もとても重要になってきますよね。
あまり無理せずに出来る事に集中されればいいと思いますよ〜。
写経を続けてらっしゃるだけで充分素晴らしいです!^^

ところで、思わぬところでお褒めの言葉を頂いて…ビックリしています(笑)
こんな勝手に綴ってるだけのブログをエッセイだなんて!お恥ずかしい〜(ノ∀\*)
何だか嬉しいです〜ありがとうございます(*'-'*)
文章を書く事…どうだっただろう〜子供の頃好きだったのかな…
何しろまず文字を書く事が好きだったので、そちらが優先で
文章を書く事を苦に思った事はあまりないかもしれないです。
それが好きだということになるのかはわかりませんけれど…
でも、ブログをずっと続けているのも嫌いなら出来ないと思うので
きっと割と好きだったのかもしれないですね(笑)あまり意識した事がなかったです^^;
伀さんのように反応してくださる方がいてくれるので続けてこれてます(笑)
感謝していますよ〜いつも本当にありがとうございます^^

翔麗 #- | URL |  2014/06/08 23:13 * edit *

「今ならわかる…」
またまたレベルアップされたのですね✨

鉛筆ダコ、私にもありますよ〜^ ^
それより目立つマウスダコも💦
何にせよ、努力の証ですよね。

あとは、手指がいつまでも思い通りに動いてくれるように、ケアと感謝を忘れないようにしないとと、省みて思います。

kobom #- | URL |  2014/06/11 13:17 * edit *

★kobomさん

いえいえ、レベルアップしたというより、
その前が全然わかってなかったっていうだけって感じですね〜^^;(笑)
何事も、本質を見て、理解していないとダメですね。
でないと何が良くて悪いのかさえわからないまま
わかった「つもり」でいることになる…恐い事です^^;

マウスだこ〜!私も昔出来てました^^;
最近は昔よりパソコンに向かう事が少なくなったので
知らない間になくなってましたが…
努力の証!確かにそうですね^^

翔麗 #- | URL |  2014/06/11 23:05 * edit *

鉛筆も

強弱…文字のハネや払い…タメとかあるんですね!

悠人 #- | URL |  2014/06/15 21:19 * edit *

★悠人さん

そうなんですよ〜。毛筆と基本的には一緒です。
鉛筆だと筆圧がとっても必要になります。
それがあるだけで全然違った物に見えるから不思議です。

翔麗 #- | URL |  2014/06/17 00:19 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/29-134b333a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。