書心忘るべからず〜夢のあとさき

Feel 



先日、新潟へ書三昧ツアーで一泊して来ました。
一日目は新潟でご活躍なさっている書家さんの個展が
築100年という古民家で開催されるとのことで、それを見に。
二日目は良寛さまご生誕の地を訪れて、良寛三昧。
今日は一日目のお話を。

築100年の古民家なんて、ステキすぎると思いませんか!
私はもう、古民家と聞いただけでノックアウトです(笑)
いつか、古民家に住むのが夢ってくらい、ノックアウトです(笑笑)

場所はちょっと山奥の、本当に緑に囲まれた
それ以外何もないってくらいのところ。
聞こえるのは風の音と、葉が揺れる音、鳥の囀り…それだけ。
中に入ると、ちょっと懐かしいような古い匂い。
昔、田舎のおばあちゃんの家に来たような、そんな香り。
きっと住んでみればあちこち古くて不便な所もあったりするのかも。
でも、何故こんなにも心惹かれて揺さぶられるのだろう。
今となっては不便さが贅沢なものになりつつあるのかも…なんて思ったり。
手に入れたくても出来ないもの…なのかもしれないなぁ。

その書家さんは私の師が慕い昔から交流のある方で
そのお陰で、なんと直接その先生が案内をしてくださるとのことで
実際にお逢いし、ご同行する事ができました。何という贅沢!

とても印象的だったのは、作品から受けるパワーもさることながら、
その先生のお人柄。
師からとても気さくな方だと聞いてはいましたが、
私達なんかにも本当に気軽にお話をしてくださり、書への熱い魂を持っていて、
創作意欲に溢れ、何でも出来ちゃうスーパーマンみたいな感じ!(笑)
貴重なお忙しい一日を割いてくださって、本当に感謝です。

最近、書に限らず思うことは
今まで耳で聞いて頭で思っている事よりも
実際に逢ったり見たり触れたりしてみて感じることが
全くレベルの違うところにあるということ。
実際に自分の肌で「感じ」ないとダメなんだ。
良いと思っていたものでも、実際に触れてみたら、感じてみたら
段違いのレベルで自分の内側に沁み込んで来るような感覚…とでも言うのかな。
それが今回、ハートで強く感じた一番のこと。

とても山奥の古民家なので、人もあまりいないというのもありますが
ものすごーくゆっくりと作品を見る事が出来て
みんな無言で作品の前に座り込み…ぼ〜っと小一時間鑑賞(笑)
私は「いのり」という作品の前に座っていたのですが…
ずっと見ていたくて、何だかただそこに座っていたくて、
そんな私を撮られたのが写真の一枚(笑)

そして、今回先生にお逢いして
書は単なる書くことにあらず、普段の生き方や考え方、
人としての有りようまでが映し出されるものであるということを
改めて感じたのでした

…書は人なり。


良寛編に続く(笑)

category: 書あれこれ

Posted on 2014/06/18 Wed. 02:16 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

コメント

 いつも翔麗さんは、ブログの冒頭に関連する写真を掲げていますよね。
私は、まずそれをじっくり眺め、鑑賞してから、さて、どんなことが綴られているかと、おもむろに拝読します。
 今回のこの写真には、正直、衝撃(笑)を受けました。
はじめは、あれあれ?一人佇む女性が映っているが、どこの人かな・・と軽い気持ちでいました。
 読み進んで、翔麗さん自身と判明したときは、かなり動揺(笑)しました。
書のほうよりも、初めてお目にかかる翔麗さんの姿に見入ってしまいました(笑)
 これまで、ブログでは、作者自身の写真は掲載されないだろうし、かってにイメージするのも失礼になるだろうと・・思っていましたので。
でも、あえて失礼を顧みず申し上げれば、翔麗さんは、名前どおりのおひとなんだなあ・・うれしさと一層の親しみを覚えました。
 改めてこころを落ち着け、写真を拝見しますと、書とその作者と翔麗さんが、まさに感応道交している情景を現しているように感じられ、素晴らしい写真だと思いました。

 さて、古民家のことですが、私の家内も、かねてから古民家に住みたい願望をもっており、いまだに県内の物件情報に目を通しています。
今の所は、しょせん見果てぬ夢だと思いますが、私の亡きあと、一人暮らしになったら、絶対に手に入れると言い張ります。
 古民家で何をして暮らすのかというと、師範の資格を生かして、和裁、着付け、パッチワークの教室を開くのだそうです。
 実を言えば、私の安月給を、その特技で支えてくれましたから、
あながち荒唐無稽な計画ではないとは思いますが「私の亡きあと」というのが、ちょっとね・・・(笑)
 良寛編、待っていまぁす・・。


伀 #- | URL |  2014/06/18 22:08 * edit *

★伀さん

いつも丁寧に読んでくださって、ありがとうございます^^*
そんな伀さんなりの読み方をされていたとは知りませんでした〜(笑)

そうなのです、お恥ずかしながらこの写真、このブログでは本邦初公開の私自身です!(笑)
な〜んて、ほとんどわからないから載せただけなんですけどね^^;
私の方こそ、伀さんのコメントを読み進んで緊張しちゃいました〜。
思っていたのと全然違ってた!なんて言われたら、それこそこの写真を載せた事を後悔してしまいます(笑)
少しだけでも親しみを覚えて頂けたのなら、私としてもとても嬉しく思います^^*
そうは言っても単なる後ろ姿ですからね〜過度の想像は禁物ですよ!(笑)

この写真、私自身もとても気に入っている一枚です。
というのも伀さんがおっしゃってくださったように、私のこの作品への想いが
この一枚に現れているって私自身も感じたからなのです。
実は私の師が撮ってくださった一枚です^^
書のみならず、写真のセンスも…
やはり何か通じるセンスがあるのでしょうね〜。

ところで、伀さんの奥様のお話、始めて拝聴した気がします^^
古民家に住みたい願望をお持ちとは、さすが伀さんの奥様ですね!(笑)
亡き後っていうのが確かになんともシュール…(笑)
でも、色々な資格をお持ちなのですね〜!尊敬してしまいます。
伀さんもお元気な間に、思い切ってそんな古民家生活、いかがですか〜?^^
あぁ、私も住みたーい✨✨(笑)

翔麗 #- | URL |  2014/06/18 23:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/30-9d43bb4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)