書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

情熱の炎 



このひと月、お祭りでした。書道祭り!!(笑)
偶然なんだとは思うけれど、各地で書道展や個展、作品展などが重なって
先日の新潟を入れたら8件くらいかなぁ〜ちょっと数もわからないくらいになってます^^;
随分昔に、月に一度くらいはどこかの展示会などに行って目を養うのが理想で目標〜と言っていたんですけど
ひと月で半年分以上を廻ってしまいました(笑)
それでも、泣く泣く行けなかったものもあるくらい。
いやはや、重なりました^^;

どの展覧会も作品展も、それぞれ本当に素晴らしいもので
思う事も感動も色々ありましたが、それを全部書いていると長くなるので^^;
今回は小さな作品展のお話を少しだけ。
それもご年配の方々の、パワーと情熱の素晴らしさと言ったら!

一つはお友達の知人で古希の記念にと個展を開かれた方。
会場でたまたまご本人をお見かけする事が出来たのですが
その若々しさと可愛らしさ^^
書道家としてプロでやっている方ではないみたいですが、
作品は割と大きな掛け軸を中心に、墨絵もあり、扇子などに書かれたものもあり、
作品を通してその可愛らしさがにじみ出ている感じでした。
そして、会場に来た方達に粗品のプレゼントまで!
小鳥の形のペーパーナイフで、これまたカワイイ!^^(写真右の赤いのがそうです✨)
ちょっとした事だけれど、とても心がこもっていてセンスがあって
そしてご本人の生き方にとても豊かさとゆとりを感じたんですね。
同じ年齢を重ねるなら、あんなふうに可愛く生きたいですね〜ホントそう思いましたよ〜。

古希になっても情熱があって、すごい方もいるな〜なんて思っていたら
もう一つ、別の日に行った篠田桃紅展で更にショック!Σ(゚д゚*)
こちらは知る人ぞ知る、美術家(前衛書家?)の方ですが、御年なんと101歳!!!
年齢もそうですが、何より作品のかっこよさに言葉も出ませんでした…
ホントにかっこいいんです!口で説明出来ないけど…とにかく素敵。
とても小さなギャラリーで作品数も数点ほどでしたが、圧倒的なまでの存在感。
そこで販売されていたご本人の著書を購入して読みましたが、
生き様がまたかっこよすぎ^^;
説明すると野暮になるので、気になる方はお調べくださいませ(笑)

とにかく、やりたい事をやりたい様にやっていくことに
年齢など関係ないんだって改めて思えるきっかけになりましたよ〜。
大事なのはパワーと情熱。
短い人生、めらめら燃え尽きるほどに燃えて生きたいものですね^^

category: 書あれこれ

Posted on 2014/07/12 Sat. 13:45 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

コメント

 芸術の秋ばかりではなく、嬉しいことに近頃は、年中切れ目なく数々の展示会・作品展などが開催されていますよね。

 小生の住む県庁所在地の市には、こうした催物を企画・主催する団体に、気軽に提供できる公共の建物があります。
幸いなことに、ここでは、小は美術専攻の学生サークルから、大は全国規模の著名な団体までに利用され、毎週のように何らかの催物が開かれています。

 自宅からバスで一時間も要しますが、しばしば足を運んでいます。
権威ある団体のもの以外は、ほとんどの場合無料ですが、受付でパンフレットを貰い、拝見させていただきます・・と軽く会釈してから会場に入ります。出るときは、ありがとうございました・・いかにも紳士風に振る舞います(笑)

 ところで、冒頭写真を見て、思い出しました。
かって(東京在のころ)、しばしば上野の森を中心に、都内の美術館博物館、個人コレクション館などを、一人巡り歩いていました。そのおりの入場券やパンフレット類は、思い出にと、ファイルに保管しておきました。同時に、撮影可の写真などもアルバムにしました。
 たぶん5年分ぐらいあったと思いますが・・長い単身生活からリタイヤして、故郷の家族の元にに還るを機会に、かなりの身辺整理を余儀なくされたので、処分してしまいました。
 こちらでは一年巡ってくると処分するようにしています。
 翔麗さんは、どうされているのでしょうか?

 ところで、篠田桃紅展をご覧になった翔麗さんの感動驚愕ぶりが、ひしひしと伝わって来ましたよ。素晴らしい出会いでしたね。
 私は、日本画家の堀 文子さんの画文に心惹かれてきました。
「花の画家」として著名ですが、2000年82歳のときに、幻の高山植物を求めて、ヒマラヤ山脈の高地を走破し、大きな話題になりましたね。
以来、関心を抱き、作品に親しむようになりました。
 90歳代になっても、情熱とチャレンジ精神を失わず、新作にとりくんでおられるのですから・・本当に凄いですよね。

 二人の芸術家に共通なのは、まさにタイトルどおり「情熱の炎」に燃えて生きている・・・翔麗さんにも、内に秘めたる情熱を・・感じ取れますよ・・



伀 #- | URL |  2014/07/15 21:51 * edit *

★伀さん

こんにちは!
いつもいつもおつきあいくださり本当にありがとうございます^^

伀さんも色々な美術展巡りなどされてらしたのですね〜!
地元に公共のそういう場所があるって素晴らしい事だと思います。
小さなところはほとんど無料という所が多いのも嬉しい限りですよね(笑)
小さな団体だからといって質が落ちるかと言えば
必ずしもそういうわけではなですし、作品数もこじんまりしているので、
かえって見る側としてはゆっくりじっくりと見られて良い様な気もします^^;
大きな団体のは、作品数もものすごく多くて圧倒はされますが
あまりに数が多すぎて正直クタクタになってしまいます(笑)
色々な物を見に行って最近思う事は、こじんまりした所のものを時間をかけて見たいって事でしょうか〜^^;
なので、篠田桃紅展のギャラリーは余計に素晴らしく感じました。
作品を見る、とはこうあるべき…と思ったほどです。

そうそう、パンフレットなどの事ですが
私もどこかに行く度にもらって帰って来ますが、
昔は、さほど展示自体も心に残らなかったもので、なおかつ
パンフレットそのもののデザインや内容などにもさほど魅力を感じられないものについては、早めに破棄してしまうことも多かったです^^;
でも、今は極力取っておいて保管する事にしています。
でも…実は私、マメにファイリングするのとか苦手なのですぅ〜^^;(笑)
あまりに紛失する事が多いので、最近は気を付けて早めに所定の場所へ保管する事を心がけるようにはしています^^;あは
ずっと取っておかれた伀さんの5年分ものファイル…すごいですね〜。
時間が経てば経つ程に価値が増して来るような気がするので
少し勿体なかったな〜と思いました。
でもずっとどんどん増えて行くものですものね〜選りすぐって取っておくっていうのが良いのかもしれませんね。

伀さんが心惹かれて来たという堀文子さんの作品も素晴らしいですね^^
作品はやはりその人そのもので、生き様が出るのだと心から思います。
年齢に関係なく、チャレンジ精神と向上心を持ち続けられる方は
その立ち振る舞いも、表情も、本当に魅力的だな〜って思います。
それがまた、若さの秘訣…なんでしょうね^^

翔麗 #- | URL |  2014/07/16 23:40 * edit *

たくさん書道展まわられましたね。

きっとそれぞれ観てきたものの蓄積が新たなエネルギーにかわっていくことと思います。

虎視眈々と次のステップアップ狙ってください。

悠人 #- | URL |  2014/08/03 09:32 * edit *

★悠人さん

はい〜!この時期、いっぱい回りました^^
色んなものを見ると本当に刺激をたくさん頂けますね。
良いエネルギーに変えていけたらステキだな〜って思います^^

翔麗 #- | URL |  2014/08/04 01:06 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/33-9a8bb856
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。