書心忘るべからず〜夢のあとさき

 



ここのところテンションというかバイオリズムが低下していたこともあって

お友達とランチしたり

本を読んだり

一日ぐうたらぐうたらしてみたり

ひたすら臨書をしたり

夜中(ほとんど明け方^^;)まで課題を書きまくったり

緑の中に身を置いたり

和太鼓を聴きに行ったり

展覧会を見に行ったり

普段はあまり飲まないお酒飲んで書いてみたり…(結果悪酔いした^^;笑)


手軽に出来るあらゆることをしてみました(笑)
それはそれなりに楽しく、気も晴れたり紛れたり^^

でも、なんだかんだ言ってもやっぱり
お友達に逢って色々お話できた事が一番の薬になったような気がします。
彼女はいつだって落ち着きと、安らぎと、労りと、揺るぎない心を持っていて
何度これまで元気をもらったか知れません。

そのお友達と久し振りに逢って色々とお話しているうちに
何故自分が今、ざわざわとした気持ちでいるのかが
明確にわかったような気がして
そしてそれは、自分でも前から分かっていたことでもあって。


自分の中心に…軸となる部分に、ぶれない気持ちをもってさえいれば
たとえ多少左右に振られるような出来事が起こっても、すぐにまた自分を取り戻せる。
自分を取り戻す事ができれば、また冷静に頭が働いてくれるし
心のざわざわも、いつしかどこかに消えさってくれる。

そのことを、彼女が思い出させてくれたのでした。


逸ることなかれ。

焦ることなかれ。

小さな小さな「今」の積み重ねで、未来が出来上がっていく。


※写真は関係ないけどお手本書きの練習より〜^^;

category: くらし

Posted on 2014/09/16 Tue. 22:01 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

コメント

 写真を拝見して、あれっ!と思いましたよ。
朱書きの掲示は初めてのような気がしましたが・・・
お手本書きの練習?ということは、翔麗さんが、
教室の生徒さんのためにお手本を書いているのですね。
しっかり練習して仕上げるのですか・・
大変そうですが、それはそれなりに楽しそうですね。

 バイオリズムが低下気味とのことですが、
あれこれに取り組まれている様子を伺うと、
ご自身の心境は、なにはともあれ、日々是好日なんだと、
前向きに捉えているのではないかと推察しました。
”小さな小さな「今」の積み重ね”~味わい深い思索の表現ですね!!

 翔麗さんの思索に触発されたので、たびたびのことで恐縮ながら、
私の好きな禅語を紹介したい(笑)
「吾れ、常に、ここにおいて切なり」
この言葉は瀬戸内寂聴さんが、座右の銘にしておられるので、
寂聴尼の解説を掲げます。
{「切」とは、切っても切れないこと、つまり、していることになりきることです。食べるにも切、眠るにも切、愛するにも切、学ぶにも切、今日生きることにも切、ということでしょう。}
 かって、編集長時代、スタッフが退職すときに仲間が寄せ書きして贈りものにしていましたが、色紙の真ん中に、私が太字で「切」の一字を書き、励ましの言葉としました。
 






伀 #- | URL |  2014/09/22 12:15 * edit *

★伀さん

こんばんは!
お返事が大変遅くなってごめんなさいね。
色々バタバタしておりました(´ω`;)

朱墨のお手本、UPした事ありませんでしたか〜?
実はこれ、単なる練習です(笑)
私はまだ師匠の教室でのアシスタント講師で自分の生徒さんがいないので、
お手本を渡す人がいませんのです(^^;)
生徒さんのお手本は当然ながら全て師匠の書かれたものなので^^
でも、子供のお手本というのは大人のそれとはちょっとポイントが違ったりするので、
今から少しずつ練習してるというわけです。
ちなみに朱墨は書きやすいし、何故か上手くなった気持ちになれますよ〜(笑)

ところで、禅のお話、いつもありがとうございます(*'-'*)
切…ですか。とても深い言葉ですね。
色紙に書かれたなんてステキ。
きっと喜ばれた事と思います^^
私も伀さんの色紙、欲しいな〜(* ̄m ̄)

翔麗 #RTFqnp8. | URL |  2014/09/26 21:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/37-ab1fd184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)