書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

ドキドキの宝 

kyoshitsu1.jpg



今日は冷たい雨でしたね…
軽く羽織るものだけじゃちょっと肌寒い、そんな季節になってきました。
それもそのはず、もうすぐ10月も終わりですものね。

先日ふと思い出しました。
師匠の教室でアシスタント講師をさせていただくようになってから
もう一年になるんです…ビックリ(#゚Д゚)
とは言っても、去年の今頃はまだ本当に単なる研修のようなもので
ちゃんとお仕事としてやらせていただくようになったのは年が明けてからでしたけれど。

初っ端から師匠が不在の時があって不安の一日を過ごしたり、
子供達の名前と顔を覚えるのに悪戦苦闘の幕開けだったことを思い出します。
毎月何がどうなっているのか、流れがわかるまでが大変でした。
最近はやっと、子供達も私がいつもそこにいることに違和感を感じなくなった様子(笑)
それまでは誰この人?って…そりゃ~ある日突然現れた人だもの、そう思いますよね^^;

でも、一年通してお手伝いさせて頂いて思ったことは
やっぱり私は書道が大好きで、その中に身を置いている事にこれ以上ない幸せを感じるということ。
講師らしいことはまだ全然…で、力不足ではありますけれど^^;
大好きな書を通じて人と関わり合いを持てる幸せ。
力不足を少しずつでも解消出来るように、日々学べる幸せ。
それはきっと、他の事では感じられないことだと思うのです。
だからやっぱり、がむしゃらに頑張らなくっちゃ申し訳がない。
時に突き進んでいるような、突っ走っちゃう時があったとしても
それはこうして今を過ごせている事への感謝の気持ち。


********


先月、師匠から言われて
初めて大人の授業時間に課題の説明をさせて頂きました。
教本の課題となっている言葉や詩の意味、書き順や字の崩し方、注意点などなど
初めはとても緊張しましたぁ~人前で話すことは昔から得意ではないのです^^;
(しかも師匠も見守る中で^^;汗)
でも、それはとても新鮮な緊張感。
そしてそのための準備を前もってしっかりとやらなければいけないということ、
人に教える立場というのはそれだけの責任を背負っているのだということも
改めて身を以て実感したことでした。
これもただ頭でわかっているだけではダメで、「腑に落ちたところ」でね(笑)

写真はその時の様子です~師匠が撮影してくれました^^
こんな感じで授業をやっています(毎回ではないですが)。

今年は「初めて」がたくさん経験出来た年でした~。
(…と、もうすでに年末のようなセリフになってますが笑)
いくつになっても、「初めて」はドキドキ。時には足が震えちゃうような事も…

でも、そのドキドキをずっと忘れないでいたいな~って思うのです。
それはその時にしか味わえない、キラキラとした宝物…きっとそうだと思うのです。

category: 書教室

Posted on 2014/10/23 Thu. 00:39 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

コメント

 もうすでに、大人クラスの講師を務めているのですか。
お師匠さんの厳しさのなかでも、信頼があってこそでしょうから、
翔麗さん、とうとうやりましたね!
 
 遠景ながら、翔麗さんの落ち着いた手さばきや声のひびきまでが、
手に取るように分かりますよ。

 「書道が大好きで、その中に身を置いている事にこれ以上ない幸せ
を感じる」・・そういうお気持ちなら、必ずや、指導者としても大成されると思いますよ。
 もうすでに教えることの喜びも感じ取っているのでは・・
ますます精進し甲斐がありますね。
 
 例の年賀状の件も、お師匠さんのご推薦でしょうか。
それにしても、二人の緊密な、ほのぼのとした師弟関係がうかがわれ、
うらやましいですね。

伀 #- | URL |  2014/10/28 20:20 * edit *

★伀さん

こんばんは!いつもありがとうございます^^

いえいえ〜大人のクラスの講師を務めている…というほどではないんですよ^^:
子供のクラスでは実際に教えたりもさせて頂いていますが
大人のクラスではもう少し補佐的な、本当に基本的な事くらいでしょうか^^;
今回のは、師匠の実験的な目的もあったんじゃないかしら(笑)

落ち着いた手さばきに見えますか!(笑)
実は初めは手が震えて、ボードに書く文字が揺れてましたぁ^^;
でも、説明を聞いてくれているのは普段から知っている生徒さん。
そう思ったら手の震えはおさまってました(笑)
何事も経験、なんでしょうね〜。

自分にはハードルが高いと思うような事でも
好きな事だからきっと出来る、というのが基本にあるので
それがもしかしたら強みかもしれませんね(笑)
そして、何より人に説明したり教えたりするってことはそれ自体が
自分にとって一番の勉強になるのだということを心底感じています。
力不足も自分が一番良く知っているので〜^^;それがもどかしくもありますけれど(笑)

先日の年賀状については、師匠は直接関与していませんが
普段の師匠の仕事ぶり、内容など間近で見ているので
全てが勉強になっていることだけは確かです^^

いつか自分の教室、自分の生徒さんを持つことを目標に日々精進、です〜^^

翔麗 #- | URL |  2014/10/29 01:57 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/41-01542a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。