書心忘るべからず〜夢のあとさき

懐かしい風、新しい風。 



4月に入って早一週間がすぎ…桜の季節も終わりに近づいています。
そろそろ春本番…と思いきや、今日関東では雪になりました。
寒くてビックリ…思わずヒーター付けちゃったほどです^^;


先日のお稽古で、やっと戻って来ました〜^^
あの、去年中国へ行って奉納して来た写経です!
あれからもう半年になるんですね〜早い(+_+)
楽しかったな〜中国^^たかが半年だけど何だか懐かしい。

あの時の華厳寺の御朱印と、感謝状まで頂きました。
今まで何度となくやってきましたが、今回は自ら持って行ったもの。
押して頂いた印も、賞状も、いつもよりも気持ちが入って見えます(笑)
やっぱり感動はひとしおですね〜((*´∀`*))


ずっとここ数年は、亡き父や亡き母の為に書いて来た写経が多かったのですが
これは久し振りに除災招福を願って書きました。
記念に軸装にでもしようかな…と思案中。


******


本年度から、私自身も色々と変化がありそうです。
私に何が出来るのか、どこまで出来るのか分からないけれど
無駄な事は一つもない…それは昔からわかっていること。
自分のためにもなって、周りの誰かのためにもなることだったら
こんなに幸せな事はないって思います。

新しい風が吹きそうな春の始まり。
書に関われる幸せに感謝しつつ、全力で臨みたいと決意を新たにするのでありました^^

category: 書あれこれ

Posted on 2015/04/09 Thu. 00:05 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

コメント

 華厳寺への写経奉納の使者を務めたことは、翔麗さんにとっては、
生涯の一大事になりましたからね。
 感謝状までいただけたのは、本当に感慨無量、
喜びもひとしおでしたでしょう。良かったですね!!
それにしても、華厳寺様の温かい心配りには、ジーンときますね。
 小生、今も一日一写を励行していますが、続けられているのも
先般、ご指摘があったように、たぶんに「凝り性」の
為せるところでしょう(笑)
 なにしろ、写経を始めるに当たっては、写経にお関する書物や見本など
多数集めました。
 「写経の教室」岸本著をベースにして、中国古典の書家の作品を集めた
「般若心経の名品」、我が国の「歴代写経名品選」を鑑賞したり、
はたまた夏目漱石、有島武郎、高村光太郎といった作家のものも拝見しました。
 なかでも、作曲家の遠藤 実氏の円相に仕上げた般若心経には、びっくり仰天感動しました。
 付け加えておきたいのは、ご存じ良寛さんのです。
「ほっとする良寛さんの般若心経」加藤僖一著を
いつも手元に置いて、しばしばひもとき、癒されています。
 わが住まいの周辺は、桜が満開になりました。
遠出の名所の咲き誇る桜を愛でるもよし、
身近なところで、少ないながらも身を寄せ合って無心に咲く桜もまた
良し・・そんな心境です。
 翔麗さんに訪れる、迎える「新しい風」はどんな風なのでしょうか・・
当然のことながら、書が係わってもたらしてくれる幸せの風ですよね・・
小生も陰ながら、そう願っています。
   伀    拝

 

#- | URL |  2015/04/13 20:23 * edit *

★伀さん

こんにちは^^いつもありがとうございます!

毎回写経が戻って来るのは、忘れた頃なので(笑)
何となくいつも「あ〜そうだった、出してたんだった」って感じだったのですが^^;
今回は、自分の目で見て来たものなのでやっぱり気持ちが違いました^^
思っているのと、経験して来ることとの大きな違い…でしょうか。

伀さんの日々の写経については、本当に頭が下がるばかりです。
…が、やっぱり始めるにあたってそれだけの勉強をされてらしたのですね〜。
本当に素晴らしいです^^ステキなことだと思います!
特に中国古典の書家の作品を集めた「般若心経の名品」などは
タイトルからして心くすぐられます〜見てみたい!

写経は、一般的な書道とはその意味が違いますので
書に関わっていない方でも、書かれている方は多いのでしょうね。
著名な方の写経、とても興味深いです。
きっと書は人なり…を感じられるものばかりなのでしょうね〜。

伀さんの周りでは今桜が満開なのですね^^
こちらはすっかり雨続きの肌寒い日が戻って来てしまい、桜の頃が恋しいです。
残りの桜をぜひとも楽しまれてくださいね~^^

新しい風…
直接的ではない事が多々ありますが、書がもたらす幸せの風…だと思っております^^
とにかく今は出来るだけ自分の幅を広げたい…そのための経験です。
何事も経験、そう思って頑張ります^^

いつもありがとうございます〜!^^

翔麗 #- | URL |  2015/04/14 23:46 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/54-ee23bb9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)