書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

どかり 

どかり

山頭火の詩を一筆。

どかりと 山の月 おちた

category: 想い…書に込めて

Posted on 2015/05/13 Wed. 03:15 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

コメント

 お久しぶりです。翔麗さん、なにやら悪魔のささやきに翻弄されているようで、気にとめておりました。
 「悩ましい悩みが多いお年頃」の翔麗さんが、禅語を示すかと思いきや、私の大好きな山頭火の句で一筆・・嬉しいですね。
 もっとも、識者の中には「山頭火の行脚は徒歩禅である、その句には禅的深層が込められている」と解説していますが・・
 それにしても、翔麗さん、山頭火は月や山の句を200近くも詠じていますから、その中から、ずばり「どかりと 山の月 おちた」を選びとったのは、さすがですね。
 月が落ちる、月がのぼる月が出るなどの類句は、例えば、
   「山へはっきりと落ちてゆく月」
   「月が落ちる山から風が鳴り出した」
   「石に月かげが落ちてきた」
   「旅はほろほろ月が出た」
   「腹いっぱいの月が出てゐる」
   「どこでも歩かう月がのぼる」
   「月あかりして山が山がどっしり」
 こうして並べてみても、やはり一書にしてみたいと、強く引き付けられるのは<どかりと 山の月 おちた>でしょうか・・
”どかりと”、”山の月”という独特の表現・・山頭火の句は
各人各様が感覚や感性で勝手に味わえばよく、余計な解説は不要ですよね。
 なお、私が特に好きなのは
「お月さまが お地蔵さまに お寒うなりました」

 ところで、この一書、欲しいなぁ・・、これには正直惚れ込みました。
拡大コピーさせてください。
山頭火の句を書にした書家の作品を多数見ておりますが、
翔麗さんのは格別な雰囲気を醸し出していて、毎日眺めていたい
ので。(「山の月」の配置には、目を見張り感服)
      伀   拝
追伸 かって、お師匠さんの澄翔さんが、金子いすゞの詩をカレンダーの作品にしましたが、いずれは翔麗さんが山頭火の句で挑戦してみては、
いかがでしょうか・・

#- | URL |  2015/05/14 10:12 * edit *

★伀さん

こんにちは!いつもありがとうございます^^

あはは(笑)悪魔のささやき、常に心の葛藤との闘いです〜^^;
つらつら色々と書いてますが、ほとんど心の整理のようなもので
何かしら書き連ねていると、少し気持ちが整理されるような気になるのですね(笑)
私が細々とながらブログを続けている大きな理由の一つでもあります。
最近はめっきり回数も減ってますけれど^^;あは

今回の山頭火の作品、あまりにもありがたすぎるお言葉をいただいて…
ただただ、ありがとうございます^^
拡大コピーなんて言ってくださるものだから、
こんなものでよければ実物を差し上げますよ、と言いたいところなのですが
作品として残す為に書いたものではないので、紙も安い子供用みたいなものに書いてますし(笑)
とても人様に差し上げられる代物ではないのです…もっとちゃんとした紙に書けば良かった;;
あぁ、やっぱり普段からきちんと作品として意識して書かなければいけないなぁと
今回とっても反省です(笑)
だって、そんな風に思ってくださる方に、作品差し上げたいですもの^^

山頭火の独特の表現は、なんというかとっても心に沁みいってくるのですよね。
そうそう、そんな感じ。って思わせてくれるステキな表現がとても多いのが魅力的です^^
そしてそれは飾り気のない素朴な表現で、体温を感じる、とでも言うのでしょうか、
どこかあったかくて、ほっこりするような、じわじわ沁み入ってくるんですよね〜。
伀さんが取り上げてくださった月の句だけでもこんなにあるんですね。
私はこの「どかり」の句を見て、すぐにこれ書きたい!って思いました(笑)
作品にもしやすい句だと思います。
句は好きなのに、どうにも作品にはしにくいってものもあるんですよね〜^^;汗
そんな事言っててはダメですけれど(ここだけのはなし笑)

山頭火カレンダーですか!なるほど〜そんなものが作れたらステキだなぁ(*´∀`)
心にとめておきます!^^夢がまた一つ増えました〜^^

翔麗 #- | URL |  2015/05/14 17:45 * edit *

お久しぶりです。

なんか、山頭火の句を
こういう風に書かれると…

文句なく受け入れられます。

こういう雑念の入ってこない世界っていうのは
憧れます。

なかなかできませんけど。

悠人 #- | URL |  2015/05/15 07:03 * edit *

★悠人さん

ご無沙汰しております〜!コメントありがとうございます^^

文句なく受け入れられる…そう言って頂けると嬉しいです^^

雑念の入ってこない世界って憧れますよねー(笑)
ストレートなのですぅっと身体に入ります。
それが山頭火の魅力ですね^^

翔麗 #- | URL |  2015/05/16 15:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/57-e7400021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。