書心忘るべからず〜夢のあとさき

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

楽しきことは良き哉 



今日は外に出ると風がびゅうびゅう。
マンションの定期清掃に来てくれていた女性が
髪を振り乱しながら挨拶してくれた。

「こんなお天気の中、ありがとうございます^^」
声をかけると、
「私、きっと今日どこかに飛ばされてます笑」と笑顔で答えてくれた。
何だかこういう会話っていい^^
今日初めて会って、また今度いつ会うかもわからない人。
もしかしたらもう二度と会わないかもしれない。
それでも一瞬の間だけ、私と彼女の時間が交差して、こうしてここにいる。
思えば全ての物事が、その積み重ねで出来上がっているもの。
そんな事を思いながら、足はコンビニへ。

今日は先日頼まれていた木札サンプルをようやく発送^^;
数は何枚もないものだったけど
実際に書いてみたら、木の素材は何かでコーティングされていて
墨汁やアクリルでははじかれてしまい、ちゃんと書けなかった。
それで、他の塗料を探しに行ったり、先生に相談したりして
思ったよりも時間がかかってしまった^^;
それで、こわかったので書いたあと、丸一日はじっくり乾かして
それから丁寧に梱包した。
せっかく書いた物がくっついてしまったりしたら目も当てられない^^;

…でも、まぁ無事に仕上げられたので良しとしよう^^;
木への書き心地は紙のそれとは全く違って、筆がとにかく滑る滑る(コーティングのせい^^;)
でも、思い切ってぐゎんっと木札に書くのは思ったより気持ちよかった(笑)
上手いとか下手とかってより、思いきりの良さが一番大切かも?
こわごわ書いていると全部それが現れてしまいそう。
幸い、私は開き直りの早いタチなので(笑)
おりゃ〜!とりゃ〜!といった具合に書き殴りました^^;

これもまた貴重な経験。
結論:やっぱり書くのって楽しい♪

※写真は出来上がりの図(一部)。全てフリーハンドで下書き一切ナシです♪



category: 書の仕事

Posted on 2013/10/26 Sat. 21:07 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 4

コメント

澄泥硯

在りし日の口ずさみし一句に接して、一言・・
武者小路実篤は、中国製の高級硯、澄泥硯を愛用していたそうです。
「実篤は、不惑過ぎから、この硯と色墨を使い、独特の味わいの文人書画
を描き始めた。80歳を過ぎても向上心は衰えず、時に硯の中の使い残し
の墨を洗い流すのももどかしく、裏返して背面をつかって別の色墨をすった。
そんな歳月の果てに硯の中央に穴があいた」
楽しきことは良き哉の究極の姿でしょうか・・・

その穴のあいた硯の写真が掲載されていました。
雑誌「サライ」(2010-12月号「文士が愛した文房四宝」

#- | URL |  2013/10/27 15:54 * edit *

★伀 さん

こんにちは^^コメントありがとうございます!

武者小路実篤のお話も興味深く拝見しました^^
80を過ぎても向上心衰えず…って素晴らしいですね。
いくつになっても、気持ち一つで
色んな事が出来るんだなぁと妙に納得してしまいました。
硯の中央に穴が空くほどに…その写真まで残っているなんてすごい!
そんな境地まで行ってみたいものです^^

素敵なお話、ありがとうございます^^

海月シド #- | URL |  2013/10/27 19:31 * edit *

引越しお疲れ様。そしてこれからも立ち寄らせてください(^ ^)

さてさて、この札書かれたんですか?
凄いじゃないですか!
てっきり何処かのお店にランチにでも行かれて、写真を撮ってこられたのかとばかり思っていました。
この札達から美味しい料理を想像しました。

うめ #- | URL |  2013/11/05 23:11 * edit *

★うめさん

こんばんは!
あ、引っ越してから初めてでしたね^^
こちらでもよろしくお願いいたします!

わー、この札、そんな風に見えましたか〜♪
何よりのお言葉^^ありがとうございます♪
今回はあくまでもサンプルという事で、仕事というわけではなかったのですが^^;
筆文字といっても、普段練習しているようなのとは全然違った感覚が必要なので
ああでもない、こうでもない、と書いてる時間は結構楽しめました♪
仕事になったら一番いいんですけどねぇ^^;(笑)

海月シド #- | URL |  2013/11/06 02:02 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/7-c33ad4a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。