書心忘るべからず〜夢のあとさき

プライベート*ワークショップ 

IMG_1582.jpg


今日は、個人宅のおうちで開催の、
プライベートな筆文字ワークショップにお呼び頂きました^^

主催のKさまはとってもお料理上手。
その腕前を生かして、ひと月に一度くらいのペースで
ごはん会とワークショップを兼ねた会を開いているのだそう。

様々なワークショップがその都度体験でき、
その後で美味しいごはんも頂けちゃうという贅沢な企画!
本当に素敵な企画だと思います^^


IMG_1664.jpg
↑見て!このお料理の数々!


そんな素敵な企画に今回筆文字ワークショップを選んでいただきました!
お手伝いも含めいろいろな所でワークショップをやらせて頂いてますが、
個人宅というのは初めてのこと。
何だかすごくテンション上がりました(笑)
こじんまりと少人数でゆったり出来るワークショップって好き^^


今回6名の方がご参加くださいました。
せっかく筆文字を選んでいただいたのだから、楽しんで頂きたい!
ただ書いて終わりのワークショップではつまらない…ということで
最後にしっかりと作品として飾れるように、フレーム等も用意して
帰宅してすぐにおうちで飾っていただけるような内容にしました。


今回最終的に書いていただくのはポストカードサイズの紙。
年初なので今年の目標や好きな言葉など漢字一文字を考えて頂きます。
フレームは3種類ご用意。事前にお好きなものをお選びいただきました。
このあたりも少人数だから出来ること。

普通はフレームや額を選んでもらうまでの事は出来ませんが
せっかくなので選ぶ楽しみも味わって頂きたく、特別にご用意させて頂きました。


今回も墨を磨るところからやっていただき、墨汁は一切使用せず。
小学校以来です〜との声が大多数(笑)どこでやってもこれは一緒^^;汗
墨がいかに使われていないか、その都度ちょっと寂しくなります;;

墨は確かに面倒くさい(笑)
なくなったらいちいち磨らないといけない、なかなか濃くならない、疲れる…
でもそんな面ばかりではありません。

私も普段作品をたくさん書く時は墨汁もたくさん使っていますが、
墨を磨るという行為はとても好きなんです。
墨の香りが部屋に充満した時の心地よさ、
磨っている時に色々と思考を巡らせ、その結果心が段々まとまってくること、
この「まとまってくること」が結構重要で、
集中力や穏やかな脳波?みたいなものが出て来るのを感じるんですよね。
この感覚は、他のものと比べる事が出来ないなぁ〜と思うのです。



IMG_1590.jpg




IMG_1599.jpg




IMG_1592.jpg




半紙に何枚か練習して頂いたあと、本番の紙にお清書です。
今回は本画宣のハガキなので、安価な半紙とは大分書き心地が違うため、
確認の意味も含めて2枚ずつ皆さんにお配りしました。
2枚で仕上げてもらいます。やり直しは一回だけ!(笑)





IMG_1605.jpg





IMG_1600.jpg





その後で、金銀の墨や和模様のシールなどでデコレーション。
最後に選んだフレームに入れて完成です♪





IMG_1625.jpg





IMG_1612.jpg
↑私も一枚書きました♪ 今年は縁ばかり書いてます(笑)





最後に皆さんで記念写真^^
皆さんそれぞれに個性があって、素敵な作品に仕上がりました♪
その後のお料理の匂いに引き寄せられ、皆さんの書いた作品の発表会をしないで終わってしまったのが
唯一の心残りではありますが…^^;笑
和気あいあいとお話しながらとっても楽しい時間を過ごす事が出来ました。


そして、その後のお料理の美味しさが本当にカンドー的で;;
オシャレなカフェで頂くお料理のようでした♪
本当にごちそうさまでした!ありがとうございました^^




IMG_1626.jpg


このような、プライベートや少人数での出張グループワークショップなども
受付ております。お気軽にご相談ください。
>>>お問い合わせはこちらから




category: 書の仕事

Posted on 2016/01/25 Mon. 17:09 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

コメント

 翔麗さん、たて続けてのワークショップ、ご盛会で、参加者の笑顔がとても素敵ですね!翔麗さんの心配り熱意が伝わってきます。

 さて、今日、晴れ、風なし、穏やかな日和なので、「JDCAの言葉展の仙台展」に出かけて来ました。
 なにしろこの一週間ほどは、我が住処も十数センチの積雪に見舞われ、交通機関が乱れて、外出は控えざるを得ませんでしたから・・・ようやく間に合いました
 
 ありましたアリマシタ!
 翔麗さんのは「あるがままに」と「True Colors」、
 澄翔先生のは「青空」と「おかげさま」
 みつめました眼を凝らしました
 メッセージを何度も幾たびも読みました
 うるうるしてしまいました・・・

 50人100点の作品には、いづれにも心を揺さぶられました。
被災地に寄せる熱い思い、優しいまなざしに、
ただただ、ありがとう!!と受け止めました
 
翔麗さんのメッセージを、ここに掲載させていただくことを
ご容赦ください(ほんとうに本当に素敵です!翔麗さん自身と重なってきますよ)
  がんばっているあなたは美しい
  けれど、そのままのあなたが
  何より美しい
  あるがままのあなたの色は
  虹のように美しく輝き
  周りの誰かを そっと 照らして
  くれます

澄翔先生のメッセージは省略させていただく、
代わりにと言えば、失礼かもしれませんが・・
澄翔先生の豊かな学殖に触れた例を紹介しておきます。

小生、昨年は「養生訓」を読み終えましたので、今年は中国明代の古典「菜根譚」の読破に取り組んでみようと思います。
この中に、私に好きなことば「花看半開 酒飲微酔」というのがあります・
 実は、ご存じのように、”書を知る3”の中で、注目の若手書道家たちの一人として、
澄翔先生が紹介されています。その作品として「花看半開」が掲げられています(説明書きに、菜根譚より2014年上野の森美術館にて発表。
「満開の花よりも半開こそが見ごろであり、美しさを感じる」の意)と・・
澄翔先生の書の題材に、菜根譚が登場したことに、
失礼ながら正直、驚きました(笑)。
    伀    拝

#- | URL |  2016/01/28 21:34 * edit *

★伀さん

こんにちは^^いつもありがとうございます!

おかげさまでワークショップ、色々な方にご参加いただき、
筆の楽しさを少しだけでもお伝えする事が出来たかなぁと感じております^^
…実は、私が一番楽しませて頂きましたけれど(笑)
皆さんが楽しそうに筆を走らせてくれていると、とても幸せな気持ちになります^^


そしてそして、JDCAの言葉展、見に行ってくださったのですね!嬉しいです〜
こちらでもちょうど雪が降って大騒ぎの時期でした(笑)
穏やかな日がちょうど訪れて良かったです^^
ありがとうございました。

じっくりゆっくり見ていただけて、私ももちろんですが
ほかの会員の方もとても喜ぶと思います^^
今回被災地の方々に想いを巡らせてそれぞれが色々な気持ちを込めて作品を仕上げたと思います。
あの日の出来事、そしてあれから今日までの間のこと、
人は時間と共に記憶も薄れてしまうものですけれど
こういう機会がある度に思い出して、そして大切な事をまた再確認すべきですね。
メッセージまでご紹介くださってありがとうございました^^
夏から始まった、長かった巡回展も残すところあと数日となりました。
わざわざ足を運んでいただき、本当にありがとうございました!


それから、師匠の作品についても、ありがとうございます^^
あの「花看半開」の作品は、上野の森美術館で開催された書道展で展示されたものなのですが
私もその時、臨書作品ですが一緒の会場で一緒に展示をしていただいた想い出の書道展でした。
社中の作品展以外で師匠と共に作品を展示して頂けた初めてのものだったので
感激もひとしおだった事を思い出します^^

そしてもう一つ、実は私も少し前から菜根譚の本を少しずつ読み進めています。
…とは言っても、読みやすく編集された本ですが(笑)
「菜根譚」の意味する「堅くて筋が多い菜根、これをかみしめてこそものの真の味わいがわかる」というのを知って
内容をもっと読んでみたいと思ったのがきっかけでした。
書作品にも使えそうな言葉がたくさんありそうです^^
最近少し読むのが疎かになっていましたが、伀さんも同じものを読み進められていると知って、
私も再度頑張って読破しようと思います!(笑)

翔麗 #- | URL |  2016/01/29 13:10 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shoorei.blog.fc2.com/tb.php/86-deb48591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)