書心忘るべからず〜夢のあとさき

動くのは今 

2021032714540548f.jpeg


久しぶりに銀座を歩く
都会はあまり好きじゃないけど
銀座だけは別。
人が多くても
なんだか空気感が好き。

暖かくてお散歩日和。
普段家に籠って書いてる事が多いので
歩くってただそれだけのことが
割と新鮮だったりする

何となく営まれている日常を横目に
あてもなく歩く
目に飛び込んでくるありふれた光景も
暖かさのせいなのか、程よく心地いい。

やらなければならないこと
山ほどある中で
時間は作るもの、だとつくづく思う
本当に自分が欲してることならば
どうにかしてその時間は捻出するものだ
あれこれやらない理由をつけるのは
それほど欲していないということ


わかってる事じゃないか。


自分にはいつも
時間がないと感じている
事実、そんなに悠長にしているほど
人生は長くない

また明日、いつか今度、
そのいつか、はきっと永久にこない。


わかってることじゃないか。


だから迷わず
動くのは、今。





category: くらし

thread: 思うこと - janre: 学問・文化・芸術

Posted on 2021/03/27 Sat. 14:56 [edit]  /  trackback: --  / comment: 0

墨の香りに想う 

IMG_1525.jpeg

近頃ご依頼品の制作に没頭しておりました。
普段、自分のための鍛錬には
とにかく時間が惜しいので液体の墨汁を使う事が多いのですが
ご依頼品ともなれば、もちろん磨墨で製作します。


墨はとにかく奥が深い。
墨はいきものだ、などとよく耳にするが
本当にその通り。


その時の気温・湿度から始まり
磨り加減、紙との相性、
紙の状態、筆との相性、、、
同じ条件で同じ墨を磨っても
同じようにはならない、のです。



その昔にこんなことがありました。
師のもとで、師が磨った墨を使わせてもらい、
同じ筆で同じ条件のもとで
文字を書きました。
同じはず、、、なのに
師の書いたものと自分の書いたものとでは滲み方が違う。



それで改めて墨の奥深さを思い知ったのでした。
書いた時の力加減や
筆の扱いようで
墨はその美しさを見せてくれたり
見せてくれなかったりするのだと。
腕が出る、ってことなんでしょうね^^;



今となっても
同じ自分が同じ墨で書いていても
日によってその様子が変わります。
だから面白い。



一瞬のきらめき。
それは人が時折放つ一瞬の輝きにも似て



*******



便利になりすぎている今のご時世
漂う磨墨の香りや
繊細に広がり滲んでゆく
その微妙な美しさを感じていると


人が体で「感じる」という感覚が
便利さと引き換えに退化しているように思われてならない


墨の香りはそんなことを
思い出させてくれる




category: 書あれこれ

Posted on 2021/03/01 Mon. 23:34 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

謹賀新年2021 

20210101163221ec2.jpeg


新年明けましておめでとうございます🎍
本年も宜しくお願い申し上げます。

こちらではご無沙汰続きですが
何とか新しい歳を迎える事ができました。
関わってくださった全ての皆様に
心より御礼申し上げます。

大変な世の中になってしまいましたが
いつものように日々コツコツと
小さな事の積み重ねを大事に
大切なものを見失わないよう
今年も邁進していきたいと思います🎍


皆さまにとって佳き一年となりますことを
心よりお祈り申し上げます。

翔麗拝

category: くらし

Posted on 2021/01/01 Fri. 16:37 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

国際平和デーにて奉納揮毫 

すっかり涼しくなって秋めいてきました。
あんなに暑かった夏もやっぱり
季節がくれば移り変わるのだなぁと
ひとところに留まっていることはできませんね。

さて、先日9月21日は国連が定めた国際平和デーでした。
この日に全国の護国神社で世界平和を願う奉納揮毫が一斉に行われました。
埼玉縣護国神社では、今回ご縁があって
私と、大宮商業高校書道部のみなさんが揮毫させていただくことになり
大役を務めてまいりました^^


2.jpg



実は、これは昨年にいただいたお話だったのですが、
昨年は神主の方のご都合がつかず、
実際の揮毫は行われず
色紙の奉納のみで終わったお話でした。
それが今年もお声かけをいただき、
2年越しで行うことができました。

この試みは、名古屋市を拠点に活動されている
和プロジェクトTAISHI」という団体が企画されているもので、
今年で4回目となります。

書で世界平和を願う、という試みで
全国の書道家に加え、昨年からは地元の高校生なども
揮毫に参加されるなど、少しずつその活動を大きくされてらっしゃいます。
今年は靖国神社でも揮毫が実現され、
歴史的にも、これはとても大きな意味のあることだったと思います。

そんなプロジェクトに参加させて頂けた事は
私にとっても大きな挑戦になりましたし
とても意味のあることでした。

お声をかけてくださった方、
関係者のみなさま、
ご協力いただいたみなさま、
心より感謝申し上げます。

書いた言葉は以和為貴。
和を以て貴しと為す

これは聖徳太子の十七条憲法にある有名な言葉で、
仲良く争わず協調すること、調和することは
何よりも尊いこと、という意味を表します。
平和を意味する言葉なら
どの言葉を選んでも良かったのですが、
以和為貴はプロジェクトの
基本理念となる言葉なので
私はシンプルにこの言葉を書くことにしました。


3000.jpg


私は人前で披露するような
いわゆる「パフォーマンス」などと呼ばれているものは
基本やらない方針なので
お声かけいただいた際にも
そういうイベント的な趣旨でしたら私にはちょっと…とお話したのですが
今回はあくまでも神様に祈りを捧げる神聖な奉納揮毫、
見せ物のような趣旨ではありません、とお聞きしたので
それならば、とお引き受けすることにしました。

開催までの間にはいろいろなことがありましたが^^;
なんとか無事に、そして静かな空間の中で
穏やかに、真摯に、揮毫する場を与えていただいたことに感謝です。
ささやかながら素敵な時間となりました^^

この日の事は、テレビ埼玉、及びYahooニュースの中でも取り上げていただきました!
ありがとうございました✨

hounou2020.jpg


category: 書あれこれ

Posted on 2020/09/25 Fri. 15:58 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

パネル制作ワークショップ開催 

IMG_8473.jpeg




すっかりこちらではご無沙汰しております。
とっても元気にやっております。
日々バタバタと過ぎ去っていく中
1日があっという間すぎて追いついていけない今日この頃です^^;

さて、先日、単発でのワークショップを開催しました。
場所は川越のアトリエ粋墨ikiにて。
最近はinstagramでの活動が多い私ですが
そちらでちょこっと呟いたところ、
意外にもお問合せがあったので
急遽開催の運びとなりました(笑)
思いつきなのがなんとも私らしいですが^^;

1日でパネル作品を仕上げるという内容。
和紙を木製のパネルにまき、その上に書いた作品を貼って完成。
多少遠方の方でも参加できるように1日で完結するものを考えました。


このご時世ですので、定員は1回2名、常に窓を開けて換気、
除菌・マスク着用を徹底するなど
出来る限りの対策を講じて行いました。

ありがたいことに二日間ほぼ満席で
みなさんに楽しんでいただくことができ、
素敵な作品に仕上がりました〜✨
ありがとうございました。


こんな単発の楽しい企画を
これからちょくちょくやっていけたらいいな〜と思っております。
コロナ禍でも安心して楽しんでいただけるよう
ごくごく小さく、無理のない範囲で
リクエストなどありましたらこっそり教えてください〜(笑)



IMG_8837.jpeg



IMG_8839.jpeg



IMG_8838.jpeg



IMG_8833.jpeg



IMG_8657.jpeg



IMG_8813.jpeg






category: うらら書道教室

Posted on 2020/08/03 Mon. 18:04 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0