書心忘るべからず〜夢のあとさき

国際平和デーにて奉納揮毫 

すっかり涼しくなって秋めいてきました。
あんなに暑かった夏もやっぱり
季節がくれば移り変わるのだなぁと
ひとところに留まっていることはできませんね。

さて、先日9月21日は国連が定めた国際平和デーでした。
この日に全国の護国神社で世界平和を願う奉納揮毫が一斉に行われました。
埼玉縣護国神社では、今回ご縁があって
私と、大宮商業高校書道部のみなさんが揮毫させていただくことになり
大役を務めてまいりました^^


2.jpg



実は、これは昨年にいただいたお話だったのですが、
昨年は神主の方のご都合がつかず、
実際の揮毫は行われず
色紙の奉納のみで終わったお話でした。
それが今年もお声かけをいただき、
2年越しで行うことができました。

この試みは、名古屋市を拠点に活動されている
和プロジェクトTAISHI」という団体が企画されているもので、
今年で4回目となります。

書で世界平和を願う、という試みで
全国の書道家に加え、昨年からは地元の高校生なども
揮毫に参加されるなど、少しずつその活動を大きくされてらっしゃいます。
今年は靖国神社でも揮毫が実現され、
歴史的にも、これはとても大きな意味のあることだったと思います。

そんなプロジェクトに参加させて頂けた事は
私にとっても大きな挑戦になりましたし
とても意味のあることでした。

お声をかけてくださった方、
関係者のみなさま、
ご協力いただいたみなさま、
心より感謝申し上げます。

書いた言葉は以和為貴。
和を以て貴しと為す

これは聖徳太子の十七条憲法にある有名な言葉で、
仲良く争わず協調すること、調和することは
何よりも尊いこと、という意味を表します。
平和を意味する言葉なら
どの言葉を選んでも良かったのですが、
以和為貴はプロジェクトの
基本理念となる言葉なので
私はシンプルにこの言葉を書くことにしました。


3000.jpg


私は人前で披露するような
いわゆる「パフォーマンス」などと呼ばれているものは
基本やらない方針なので
お声かけいただいた際にも
そういうイベント的な趣旨でしたら私にはちょっと…とお話したのですが
今回はあくまでも神様に祈りを捧げる神聖な奉納揮毫、
見せ物のような趣旨ではありません、とお聞きしたので
それならば、とお引き受けすることにしました。

開催までの間にはいろいろなことがありましたが^^;
なんとか無事に、そして静かな空間の中で
穏やかに、真摯に、揮毫する場を与えていただいたことに感謝です。
ささやかながら素敵な時間となりました^^

この日の事は、テレビ埼玉、及びYahooニュースの中でも取り上げていただきました!
ありがとうございました✨

hounou2020.jpg


category: 書あれこれ

Posted on 2020/09/25 Fri. 15:58 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

埼玉県護国神社へ色紙奉納 

IMG_4237.jpg

今日は、埼玉県護国神社へ行って参りました。
9月21日の世界平和デーに向けて
世界平和を祈願して揮毫した色紙を奉納するためです。


本来は当日境内の御神前にて揮毫する予定でしたが
神社の方のご都合がどうしてもつかないとのことで
事前に奉納する形となりました。



IMG_4239.jpg


「以和為貴」和を以て貴しと為す


とても丁寧に奉納式をあげてくださいました。
初めての経験。身の引き締まる想いが致しました。

未だ世界の色々なところで争いが絶えません。
平和があっての人生。
世の中がゆったりとゆるやかに穏やかに
そんな日が訪れるでしょうか。


…まずは、私から。


翔麗拝


IMG_4241.jpg

category: 書あれこれ

Posted on 2019/09/15 Sun. 21:11 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

黄金の写経 

毎日ジメジメとすっきりしないお天気ですね^^;
まさに梅雨って感じです(笑)
雨は何となくテンションが下がりますけれど
雨を楽しむ、くらいの気持ちでいられれば
毎日がもう少しゆったり、のどかに過ごせるのかな〜なんて思うこの頃です。

そんな、雨の日にぴったりなのが
写経!(って、強引にこじつけ^^;笑)
いつもの大筆とは違って、細かな作業なので
何となく梅雨の季節に家に籠って写経、なんていうのもいいのかな〜と


毎年恒例なのですが、中国華厳寺建設支援のための奉納写経というのがあります。
もう何度出したかなぁ、、、今年はもういいかな〜なんて毎回思いながら
結局何となく出している毎年です(笑)


写経って、それ自体にも意味があることですが
とても小筆のトレーニングになるし、
そして集中出来るっていうのがいいところ。
私、結構写経書くのが好きなんだと思うんです。
だから毎年続けているのかな〜なんて。


数年前までは興教寺というところへ奉納していたのですが
そこでの一万経奉納達成ということで、新たに華厳寺への奉納となりました。
興教寺は世界遺産にも登録されたのですよ!
自分の書いた写経が世界遺産に納められているって、
それだけで何だか有り難い感じがしますよね^^


自分の奉納したものが少しでも建設支援となって役に立てるのなら
こんなに幸せなことはないって思います。
華厳寺もいつか世界遺産になってくれるかしら^^


IMG_3221.jpg



今回は紺紙金泥で空海集字篇のものを書きました。
写経ではあまり見かけない行書です。
私、金より銀泥が好きなので、実は金で書いたのは初めて。
本物の金墨ならばもう少し発色がいいのだと思いますが…
今回は金墨汁にて。ちょっとぼてっとなります^^;
でも、金はやはりちょっとゴージャスに見えますよね^^
写経にゴージャスさが必要なのかは疑問ですが(笑)


華厳寺にてきちんと奉納式があって、印が押されて戻ってきます。
去年は一枚2500円くらいする料紙に書いてドキドキしましたが(笑)
今年は空海さまにドキドキ。
王羲之に通じる安定した骨格と堂々たる雰囲気、そんな事を感じながら書きました。



IMG_3226.jpg



たまには写経、如何ですか?
最初は一枚書くのに何時間もかかってしまうと思いますが
慣れてくると1時間ほどで書けるようになります。

私は毎年父と母の命日には写経を書くようにしています。
少しでも供養になればとの思いから。
…そういえばもう少しで母の命日です。


月日が経つのはあっという間ですね。。。




category: 書あれこれ

Posted on 2019/07/01 Mon. 21:08 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 2

ミニ作品展「百花繚乱」のお知らせ 

百花繚乱ポストカード用


5月に入って、暑いくらいの日が多くなりました。
これからの時期、薔薇の季節ですね〜。

私が専任講師をさせていただいている、川越の師の教室では
今年も薔薇が咲き始めています。

…咲き始めている…というか、この連日のお天気と暖かさで、
すでにもうかなり咲いてしまってますが^^;(笑)



毎年、見事なローズガーデンを私も楽しみにしているのですが、
今年はその時期に合わせて、教室のギャラリー内でミニ作品展を開催する事になりました。

昨年、師範クラス二期生のみなさんがそろって試験に合格。
晴れて師範になったみなさんを記念してのミニ作品展です。
4年前に師範をとった一期生(私も含め)、そして師の作品も並びます。


今回のハガキのタイトルは私が書かせていただきました。
薔薇の写真は、薔薇を育てた薔薇士でもある師のお父様撮影のもの、です。
師より「今回は師範メインの作品展だから、あなたがさらっと書いて、さらっとハガキ作って!」
という師からの無茶振りに応え(笑)ほんの数時間で完成^^;
ハガキのほか目録、会場のキャプションなどの印刷物関係も私が担当致しております。
薔薇の美しいこの季節。是非お近くの方は遊びに来てくださいね。


実はまだ作品制作これからの私です^^;あは
相変わらずお尻に火がつかないとダメなタイプ(笑)
これから頑張って制作します!

会場で作品と共にお待ちしております〜✨


会期:2018年5月20日(日)〜27日(日)10:00〜18:00
会場:Gallery Masumi(眞墨書道教室内)
駐車場:10台分有り
入場:無料
主催:眞墨書道教室

category: 書あれこれ

Posted on 2018/05/05 Sat. 05:36 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

渇き 

IMG_6937.jpg


世間様はGW真っ只中、ですね。
うちは相変わらず全く関係のない生活(笑)
いつもと同じように時が過ぎてゆきます。


毎日毎日どっぷりと書浸りになってからどのくらい経ったでしょうか。
ただ単に書く事が好き、というシンプルなところから始まって
気がつけば息が止まりそうなほど書浸りの生活になっていました。


学びというのはノドの渇きの如く
飲んでも飲んでも乾きが収まることがない
いっとき新しい発見や新しい知識に喜びがあったとしても
また次の疑問や苦悩が訪れる


きっとずっと続くのでしょう。
飽くなき欲望も尽きることはない


自分のキャパシティや知識のなさにうんざりする毎日ですが
それでも身の丈にあったやり方で、一つずつ、一つずつ
少しでも多くの事を学んで行けたらいいと思う。


どんな経験を積もうが
今よりうんと上手くなるときが来ようが(来るのか?笑)
どんな自分になったとしても
謙虚に学ぶ気持ちだけは絶対になくさない。
それがなくなったときは、書をやめる時だ。


※盧僎詩 南樓望より
国を去りて三巴遠し 楼に登れば万里春なり
心を痛ましむ江上の客 是れ故郷の人ならず

国を去って遠く三巴の地までやって来た
楼に登ると万里に春景色
川辺の旅人は心が痛む
この地の人間でなきがゆえに

※脱字発見につき差し替えました^^;

category: 書あれこれ

Posted on 2018/04/30 Mon. 16:06 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0